お庭で育てた野菜を美味しく、飽きずにいただくために、簡単で手早くできるレシピを世界各国から集めてご紹介するシリーズ。コリアンダーってパクチーのことだって知ってましたか?​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​実は、コリアンダー(パクチー)はご自宅でも育てることができるんです。今回は、タイ料理やベトナム料理が好きな方にはおすすめのコリアンダーの使い方と育て方のポイント、ご紹介します。

Print Friendly, PDF & Email

ピコデガロ from メキシコ

ピコデガロは野菜をたっぷり使ったフレッシュサルサ。トルティーヤというトウモロコシの粉で焼いたチップスにつけていただきます。メキシコらしい刺激的で爽やかな味わいは、ビールやカクテルにぴったり。野菜を刻んで混ぜ合わせるだけのシンプルなレシピなので、火を使いたくない真夏にオススメの一品です。

ピコデガロの作り方

ピコデガロ
ピコデガロ

【材料】トマト2〜3個、玉ねぎ1/2個、ハラペーニョ1本、コリアンダー2〜3束、アボカド1個、ガーリックパウダー少々、塩適量、ライム1/2〜1個、トルティーヤ適量

  1. トマト、玉ねぎ、ハラペーニョ、コリアンダー、アボカドはすべて細かく刻みます。
  2. ボウルに①を入れ、ガーリックパウダー、塩、ライムの絞り汁を加えて全体によく混ぜ合わせたら完成。トルティーヤに乗せながらいただきます。

 

鶏肉のフォー from ベトナム

「フォー」はベトナムの麺。お米を原料としたライスヌードルで、現地では生麺で料理されますが、日本では乾麺で販売されています。牛や鶏からとった澄んだスープはあっさりした味わいなので、ベトナムでは食卓にさまざまなハーブやモヤシ、唐辛子、砂糖、ナンプラーなどの調味料が置かれ、それぞれ好みで自由にトッピングしながら食されています。

鶏肉のフォーの作り方(2人分)

鶏肉のフォー
鶏肉のフォー

【材料】鶏の骨付き肉5~6本、ニンニク1片、ショウガ1片、鶏ガラスープの素小さじ2、ナンプラー大さじ4〜5、ライスヌードル150~200g、トッピングの具(コリアンダー、もやし、ライム、唐辛子)お好みの量で

  1. 鍋に鶏肉、水、ショウガ、ニンニクを入れ、沸騰したら弱火にし、30分ほど丁寧にアクを取りながら煮ます。
  2. ナンプラー、鶏ガラスープの素を加え約10~15分ほどさらに加熱します。この間に、お湯を張ったボウルにライスヌードルを浸して戻しておきます。
  3. ライスヌードルを茹で、ぬめり気を洗い流して器に盛ります。
  4. トッピングの具材を皿に盛ります。コリアンダーはざく切り。もやしは生のまま。ライムは1/4のくし形切り。唐辛子は5㎜くらいの輪切り。
  5. 鶏肉をほぐして③の上にのせ、スープを注ぎ完成。お好みでトッピングしながらお召し上がりください。

 

お庭でコリアンダー栽培にチャレンジ

コリアンダーはセリ科の一年草。「チャンツァイ」「パクチー」などの呼び名でも親しまれるハーブの一つで、ベトナム料理やタイ料理によく使われます。

たっぷり食べたいなら自分で栽培するのが一番! 春と秋に種まきができますが、平地や温暖地では秋にまいた方が虫がつきにくく、また葉も硬くなりにくいので育てやすいでしょう。地植えでは1m近く伸び、葉をよく茂らせます。鉢植えでも十分育てられますが、直根性といって根っこが下に長く伸びるので、深めの鉢に栽培した方がよく育ちます。

葉は料理に、花もフラワーアレンジメントで楽しむことができます。レースフラワーに似た繊細な白い花を咲かせます。さらに、種子はスパイスとしても有名。すりつぶして粉末にしたものは柑橘のような香りがし、カレーの香辛料として用いられています。葉、花、種子と、余すところなく使える有効なハーブ、コリアンダーを育ててみませんか。

Photo/ 1)AnjelikaGr/ 2,3)Foodio/ 4,5)AS Food studio/ 6)Doucefleur /Shutterstock.com

Print Friendly, PDF & Email