これまで長年、素敵な庭があると聞けばカメラを抱えて、北へ南へ出向いてきたカメラマンの今井秀治さん。カメラを向ける対象は、公共の庭から個人の庭、珍しい植物まで、全国各地でさまざまな感動の一瞬を捉えてきました。そんな今井カメラマンがお届けするガーデン訪問記。第12回は、素敵なガーデンショップを多数訪れた中でも一押しの場所、GARDEN SOIL(ガーデンソイル)。晩夏と秋晴れの夕日に輝く庭写真とともにご紹介します。

Print Friendly, PDF & Email

庭好き、花好きのオススメで向かったガーデンソイル

ノラニンジン
ガーデンソイルのショップ前で、丈高く花を伸ばすワイルドキャロット(ノラニンジン)。

僕が初めてガーデンソイルさんにお邪魔したのは、2006年の春のことだったと記憶しています。その頃、僕と妻は雑誌のオープンガーデンを担当していたこともあって、あちこちのオープンガーデンを行っている方々と連絡を取っていました。この時も、「オープンガーデン信州」の清水恵子さん(飯綱高原の「ペンションフィールド・ノート」のオーナーで、日本のオープンガーデンの草分け的存在の方。いつもいろいろなことを教わりました)から「オープンガーデン信州の総会があるので、いらっしゃいませんか?」と誘いを受けて、雑誌の取材を兼ねてお邪魔しました。その時のオープンガーデン信州の事務局をしていたのがガーデン・ソイルの田口勇さんと片岡邦子さんでした。清水さんからも、「ガーデンソイルは素敵なお店だから行ってみてください」と言われていたので、総会の後に伺いますと、お二人と約束しました。そして総会終了後、僕たちは清水さんや会長の稲葉典子さんにご挨拶をすませて、須坂市にあるガーデンソイルへ向かいました。

看板からも伝わってきたセンスのよい店

ガーデンソイルの入り口

若い頃、志賀高原でスキー三昧の日々を送っていたことから、長野の道はお得意で、須坂市にはすぐに到着。教わった住所をカーナビに入力して出発しました。町から離れて川を渡ると、辺りは一面の梨の畑に。「こんな所にガーデンショップはあるのだろうか」と思いながら、ナビ通りに細い道を左に曲がると、道の脇にある小さな納屋に、「Garden Soil」と表示された明るいブルーグレイの看板を発見。センスのよい看板を見ただけで、これから伺う場所は僕が想像しているようなお店とは、全然違うのだろうとすぐに思いました。

イングリッシュガーデンとは違う庭の魅力に出合う

ガーデンソイル

看板を過ぎるとお店はすぐに見つかりました。駐車場に車を止めると、目の前にはさっき見かけた看板と同じブルーグレイに塗られた木造の建物があり、その周辺には苗売り場や宿根草の植栽スペース、奥は広い庭になっていました。高木に囲まれたお庭の中には、いくつものオリジナルデザインのパーゴラやガーデンシェッドが点在していて、それらを取り囲むように、草花がナチュラルに植栽されています。

ガーデンソイル グラスガーデン

当時の僕は、イングリッシュガーデンこそが美しい庭だと信じていて、イギリスを思わせるレンガの壁に、つるバラやクレマチスが絡んでいたり、ガーデンコテージの前ではシンメトリーにデザインされた花壇の中にジギタリスやデルフィニウムが咲いているようなシーンばかりを追いかけていました。そんな僕にとって「見た事もない」「イングリッシュガーデンじゃない」、でも「魅力が溢れている!」というのが、ガーデンソイルの第一印象でした。

センスのよさは、お店の中や植物選びにも

秋のガーデン

撮影の許可をもらって庭に立ってみると、どの方向にレンズを向けても絵になってしまうし、見た事がない植物だけれど、ファインダーの中ではフォルムが本当に美しく見える。でも、撮影はとても難しい……。すべてが僕にとって初めての撮影体験をさせてくれた庭。この庭をつくったお二人って、どんな方達なんだろうとつくづく思いました。

シードヘッド
夏に淡い紫の花が咲いた後、秋には個性的なシードヘッドになって、おしゃれ。

撮影を終えて建物に戻ると「コーヒーでもどうぞ」と声を掛けていただき、建物の奥に入りました。そこには、大きいテーブルにゆったりとした椅子、壁一面に洋書がびっしりと並ぶ本棚があり、まるでどこかのデザイン事務所の打ち合わせスペースのような空間。ますますガーデンソイルをつくった人はどんな人物なのだろうと思いながらコーヒーを飲みました。

コバンソウ
逆光に美しいシルエットを見せるコバンソウ。

お話をうかがってみると、田口さんと片岡さんは、以前は東京・原宿の事務所でインテリア設計の仕事をしていたとのこと。看板がカッコいいのも、お店のインテリアが素敵なのも、庭にフォルムの美しい植物が選ばれていることも、すべてに合点がいきました。この日以来、ガーデンソイルは長野を訪れる際、時間が許す限り必ず立ち寄るマイフェイバリットのお店になりました。

ガーデンソイルの新たな魅力を発見

モナルダ シードヘッド
モナルダのシードヘッドも秋の庭の主役。

当時はどのガーデニング関連の雑誌も庭紹介のページがあって、盛んに撮影をしていましたから、僕もいつもよい庭を探すアンテナを張って、ガーデンソイルでも情報収集をしていました。この連載でご紹介した山中湖の塚原さんの庭も、田口さんが教えてくれたお庭です。

ミナズキのボーダー
夕日に赤く染まるミナズキのボーダー。

昨年2017年6月のこと。長野でちょっとした撮影の後、天気もよいのでガーデンソイルで夕方の撮影をさせもらおうかなと思い伺ったら、撮影後のコーヒータイムに「この本見た?」と田口さんが手にしていたのはPiet Oudolf氏の美しい写真集でした。以前からガーデニング誌『BISES』の秋号などで見かけて、紅葉した庭がきれいなのは知っていましたが、このPiet Oudolf氏の写真は格別に美しく、思わずため息をつくと「うちも11月の紅葉はきれいよ」と片岡さんが教えてくれました。そうと聞けば、俄然ガーデンソイルの紅葉の撮影をしたくなって「11月に必ず伺います!」と約束をし、その日は帰りました。

期待を裏切らない秋の美しい風景

ガーデンソイル グラスガーデン

夏も終わり秋風が吹き始めると、ガーデンソイルの紅葉の進み具合が気になりだしました。幸い、ガーデンソイルのガーデナーである粟野原さんがフェイスブックにお庭の状況の写真をアップしてくれるので、庭の様子から撮影日の目安をつけつつ、天気予報をチェック。一日晴れの予報だった2017年11月3日に撮影に向かいました。午後3時に駐車場に着くと、周りの落葉樹は黄色く色づき、斜めに傾きかけた夕陽に枯れた草花は茶色く輝き出していました。お二人にさっと挨拶をして、カメラを抱えて庭の奥まで行って振り向くと、逆光に透けて木々の葉は赤や黄色に。

カラマグロスティス・ブラキトリカ
グラスガーデンで風に揺れるカラマグロスティス・ブラキトリカ。

グラス類は白く輝いて最高にきれいでした。真っ赤に紅葉したミナズキのボーダーにレンズを向けると、奥のカエデは黄色く輝いていました。こんなに素晴らしい光景がある事を教えてくれたお二人に感謝しながら、いつものように日が沈むまでガーデンソイルの紅葉を一人で満喫した、とても幸せな一日でした。

Information

「ガーデンソイル」

所在地:長野県須坂市野辺581-1
☎026-215-2080  http://soilgarden.exblog.jp

アクセス:上信越自動車道「須坂長野東I.C.」より車で5分。

Open:10:00〜18:00(4〜7月、9月、10月は無休。その他の月は月曜定休)

併せて読みたい

 ・カメラマンが訪ねた感動の花の庭。魔法の光に包まれる山梨・塚原邸
カメラマンが訪ねた感動の花の庭。フォトジェニックな庭 長野・熊井邸
花好きさんの旅案内 【国内】長野・白馬のオススメガーデン3選

Credit

写真&文/今井秀治
バラ写真家。開花に合わせて全国各地を飛び回り、バラが最も美しい姿に咲くときを素直にとらえて表現。庭園撮影、クレマチス、クリスマスローズ撮影など園芸雑誌を中心に活躍。主婦の友社から毎年発売する『ローズカレンダー』も好評。

Print Friendly, PDF & Email