ロザリアンにとって、バラは見るだけでなく、その香りも味も、すべてを楽しみたいもの。バラ文化と育成方法研究家で「日本ローズライフコーディネーター協会」の代表を務める元木はるみさんに、ティータイムの手づくり菓子としても喜ばれるバラの花びら入りクッキーの作り方を教えていただきます。

Print Friendly, PDF & Email

香りのよいバラの花びらを使ったティータイムのお菓子

食香バラ 紫枝
香りのよいオススメのバラのひとつ、食香バラの‘紫枝’。

10月は秋バラが開花する楽しみなシーズンですね。秋に返り咲く香りのよいバラをドライにすれば、微かに香るバラの香りが絶妙な味わいになるクッキーができあがります。春よりゆっくりと花開く庭のバラたちを愛でながら、暖かい紅茶に、手作りで用意したバラの花びら入りクッキーを添えて、ティータイムはいかがでしょうか。

バラ ウィリアム・シェイクスピア2000
香りのよいオススメのバラのひとつ‘ウィリアム・シェイクスピア2000’。

お菓子づくりに重宝する秋にも咲く香りのよいオススメのバラ

  • 食香バラの‘紫枝’
  • ‘オールド・ブラッシュ・チャイナ’
  • ‘コントゥ・ドゥ・シャンボール’
  • ‘ウィリアム・シェークスピア2000’
  • ‘シスター・エリザベス’
  • ‘ハーロウ・カー’ 他
ハーロウ・カー
香りのよいオススメのバラのひとつ‘ハーロウ・カー’。

生花がない場合は、市販の飲食用のローズドライ(乾燥したバラの花弁)を準備するとよいでしょう。

バラの花びらのドライの作り方

バラの花びら

食べても安心な方法で育てられたバラの花びらをほぐして、さっと水洗いし水分を取ったら、クッキングシートを敷いたお盆の上になるべく重ならないよう広げます。

バラの花びら 乾燥
乾燥したバラの花びら

気候にもよりますが、約3日~1週間室内で干して乾燥させ、パリっとしたらできあがりです。

クッキー作りのレシピ

ここでご紹介するクッキーは、ローズヒップティーの風味と色、レモンの酸味とバラの花びらの香りが絶妙な、アイスボックスクッキーのレシピです。

材料

・無塩バター 100g
・粉砂糖 50g
・薄力粉 145g
・ローズヒップティーのティーバッグ)1袋
・レモン汁 大さじ1
・バラをドライにした花びら 大さじ2(市販の飲食用ローズペダルのドライでも代用可)
・グラニュー糖
・食紅(生地に色づけをする場合)

調理道具

・ボール
・木べら
・泡立て器
・オーブンシート

作り方手順

  1. バターを常温に戻しておく
  2. 約100ccの熱湯に、ローズヒップティーのティーバッグを浸す。
    ローズヒップティー
  3. 2にレモン汁を入れ混ぜる。
    レシピ手順
  4. バターに粉砂糖を加え、木べらでよく混ぜ合わせる。
  5. 4に3の液を計75cc(大さじ5)を分けて加え、よく混ぜる。
  6. ドライのバラの花弁(大さじ4)を5に混ぜる。
    レシピ手順
  7. ふるった薄力粉を加え、よく混ぜ合わせる。ここで、ローズ色の生地にする場合は、お好みで食紅を少々加えるとよいでしょう。
    レシピ手順
  8. ラップで包み棒状にし、冷凍庫で生地が固まるまで休ませる(約1時間)。
    レシピ手順
  9. 固まったら冷凍庫から出し、ナイフで5mmほどの厚さに切る。
    レシピ手順
  10. 生地の周りにグラニュー糖をつけ、オーブンシートの上に並べる。
    レシピ手順
  11. 170℃に予熱したオーブンで、15分焼いてできあがり。
    レシピ手順
バラのアイスボックスクッキー

バラの花びら入りの、甘酸っぱい爽やかなクッキーの完成です。

ぜひ、花友達との楽しいティータイムを自作のクッキーとともに楽しんでくださいね。

併せて読みたい

 ・バラを食す! レシピ「薔薇色のバラのドレッシング」&オードブル
バラの香りを閉じ込めたローズゼリーのつくり方
畑の食材を使った簡単・おいしい・ヘルシーなクッキーのつくり方

Credit

写真&文/元木はるみ
神奈川の庭でバラを育てながら、バラ文化と育成方法の研究を続ける。「日本ローズライフコーディネーター協会」代表。近著に『アフターガーデニングを楽しむバラ庭づくり』(家の光協会刊)など。
http://roseherb.exblog.jp

Print Friendly, PDF & Email