敷地が小さくて、植物をあまり育てられない、ガーデンにも変化がつけられないとお嘆きの方はいませんか? 確かに、何百種もの花を植えるのは難しいですが、工夫次第で変化に富んだ多彩なシーンを生み出すことは可能です。構造物を生かした立体的な庭の実例をご紹介します。

確かに、小さな庭では広大なガーデンのように大きく広がる植物や、何百種もの花を植えるのは難しいですが、工夫次第で小さな庭でも変化に富んだ多彩な庭シーンを生み出すことは可能です。その工夫の一つが、構造物を生かして立体的な庭演出をすること。地植えできる場所が少ないなら、縦の空間を有効に使いましょう! コンテナやレンガなどの構造物をうまく利用すれば、植物を育てられるスペースも増え、すぐそばに道路が走っているような小さな庭であっても、奥行きのある空間を演出することができます。

ここは調布市にあるS邸のガーデン。通りと建物の間にある庭は、幅2mほどですが、色々な植物が育つガーデンです。花の少ない時期でも、あちこちから顔をのぞかせる植物の葉は彩り豊富で、通りを行きかう人が思わず足をとめて見入ってしまう光景がしばしば見られます。このガーデンから、構造物を生かして小さな庭を最大限に活用するアイデアをご紹介します。

小さな庭でもこれほど変化に富んだ景観をつくり出せる大きな理由が、大小さまざまなコンテナを上手にガーデンに取り入れていること。例えばこのシーン。ガーデンデザイナーのマーク・チャップマンさんのお店で購入した、シンプルで重厚感のあるコンテナに、爽やかな色合いの季節の花々を寄せ植えています。

 

大きなコンテナは草丈のある植物で高さを出し、その間に地植えの植物を加えることで立体感を演出。さらにその奥には、台座を据えて高さを出した小さめの四角い植木鉢がのぞき、遠近感を強調した景色をつくっています。また、四角い植木鉢は、面ではなくて角の部分を正面にすることで、手前のコンテナの面との対比からガーデンにリズムが生まれます。

 

家の周囲を囲むレンガの塀にも、小さなスペースでも変化を生むための工夫があります。

レンガはすべて同じ大きさを使用するのではなく、ところどころに大きなサイズのものを使ったり、塀の高さに凹凸を設けたりと、単調に見せない工夫も注目のポイント。塀の上に置かれた植木鉢も、周囲としっくり馴染んでいます。

 

レンガ材を用いた塀は、植物との相性も抜群。ヒューケラやアリッサム、ニゲラなどが、木漏れ日が落ちかかる中でナチュラルな風情です。面白いのが、レンガ塀自体が花壇の役割も果たしていること。写真のように、塀の内側にはところどころにレンガで囲ったレイズドベッドが設けられ、直接土が入れられるようになっています。

 

コンテナやレンガなどを生かしてつくる立体感のあるガーデン。この庭では、かがまなくても植物に手が届くので、長時間しゃがんだままでいる必要がないのもうれしいところ。さまざまな植物を植えこんであっても、コンテナはレンガと同じ素焼きのトーンでまとめてあるので、変化に富みながら統一感のあるガーデンになっています。

 

 

 詳細情報

  • 店舗・施設名
    マークス ガーデン アート
  • 住所
    〒182-0026 東京都調布市小島町3-43-8 1F
  • 電話番号
    042-444-1515
  • ホームページ
    http://britishcreativedesign.com