神奈川県横浜市は、2017年に「全国都市緑化よこはまフェア」を開催した地域です。この祭典の成功をきっかけに、花や緑の事業を継続して行っています。この祭典に携わるとともに、NHK Eテレ『趣味の園芸 バラと暮らす12カ月』のナレーションや制作(リサーチ)を担当する吹田明日香さんに、横浜市にある3つのローズガーデンの魅力をご紹介していただきます。

Print Friendly, PDF & Email

花や緑が“ネックレス”のように人・街・時をつなぐ祭典

観光地として人気の横浜。近年はさらに横浜の豊かな自然を育もうと、「ガーデンシティ横浜」を目指す事業を推進しています。その中心的な取り組みとして展開されているのが、花と緑の祭典「ガーデンネックレス横浜」です。花や緑が“ネックレス”のように、人・街・時をつなぐというコンセプトで開催され、3月は桜、4月はチューリップ、5月はバラが、次々に横浜の各地を彩りました。異国情緒豊かな横浜の街並みとさまざまな植物たちが織りなす美しい景色は、地域の人々や観光客から人気を集めています。

横浜市の花“バラ”に出合える3つのガーデン

バラは横浜の市の花であり、港の見える丘公園と山下公園にある次の3つのローズガーデンは、「ガーデンネックレス横浜」をきっかけに、異なるテーマでリニューアルされ、人々を魅了しています。

イングリッシュローズの庭

ご紹介する1つ目は、港の見える丘公園内にある「イングリッシュローズの庭」です。約120種、1,200株のイングリッシュローズが植栽されています。

“イングリッシュローズ”とは、イギリスの育種家、デビッド・オースチンが作出したバラの総称で、ブランド名でもあります。春の最盛期の後も繰り返し咲く性質をもった四季咲き性で、豊かな香りを持ち、とても人気があります。

こちらの庭では、イングリッシュ・ローズにさまざまな宿根草が組み合わされ、見事なハーモニーを奏でています。そして、庭の中央付近には、世界中で愛されている黄色の名花‘グラハム・トーマス’の回廊があります。この回廊に足を踏み入れると、バラに包まれ、きっと幸せな気持ちになりますよ。

香りの庭

2つ目は同じく、港の見える丘公園にあるバラ園「香りの庭」。バラを中心に、200種類以上の香りの植物が迎えてくれます。

こちらは沈床花壇で、周囲から一段低く、香りが溜まりやすい構造になっています。訪れるなら、特に香りがよい“ゴールデンタイム”とされる朝がオススメです。

バラは、ダマスク、フルーツ、ティー、ミルラの4つの香りに分類して植栽されていますので、ぜひこの庭でバラの香りの違いを体感してみてください。

未来のバラ園

そして最後は、山下公園にある「未来のバラ園」です。

近年、ドイツやフランスでは、環境への配慮から、無農薬で栽培できるバラの育種が盛んです。このバラ園も、自然環境を考えた未来のモデルガーデンを目指し、無農薬で栽培できる耐病性のあるバラを中心に植栽されています。これからバラを栽培してみたいと考えている人は、こうした耐病性のあるバラからお気に入りを見つけてチャレンジしてみてはいかがでしょう。

また、係留されている氷川丸を背景にしたこの庭では、まさに横浜ならではの素敵な景色も楽しめます。

 

「ガーデンネックレス横浜」は2019年も引き続き開催される予定で、5月には新たなバラのイベントも企画されています。

来年はどんなバラの花に出合えるのでしょう。今からワクワクしますね。ぜひ皆さんも足を運んでみてください。

 

併せて読みたい

花の庭巡りならここ! 近代名建築を華やかに盛り上げる西洋式回遊庭園「びわ湖大津館 イングリッシュガーデン」
世界バラ会連合会議で「横浜イングリッシュガーデン」が栄誉ある賞を受賞!
イングリッシュガーデン旅行を終えて〜日本庭園への想い〜

Credit

写真&文/吹田 明日香(すいた あすか)
同志社大学卒業。NHK『生活ほっとモーニング』、『趣味の園芸』、『国際バラとガーデニングショウ』などの司会やリポーターとして活躍。現在はNHK Eテレ『趣味の園芸 バラと暮らす12カ月』の「世界がときめくにっぽんのバラ」コーナーのナレーションと制作(リサーチ)を担当。バラの香りに魅せられ、自宅でも約30鉢のバラを栽培している。

http://asuka-s.main.jp/

NHK Eテレ『趣味の園芸 バラと暮らす12カ月』https://www4.nhk.or.jp/syumi-engei/24/

Print Friendly, PDF & Email