一口に園芸店といっても、今やさまざまなスタイルのショップがあります。それぞれのショップの個性が色濃く反映されたこだわりの空間は、私たちのイマジネーションを刺激し、ガーデニングのセンスを磨ける最高の場所。買い物のタイミングだけでなく、時間があったら積極的に足を運びたいものです。今回は世界のこだわりがギュッと詰まった園芸ショップ「庭道具屋 toolbox」を訪ねます。

Print Friendly, PDF & Email

閑静な住宅街の中に小さな店を構える「toolbox世田谷」(2018年10月21日〜「庭道具屋 toolbox」として移転)。古い倉庫を都会的にリノベーションし、シンプルにしつらえた店内には、オーナーが厳選したガーデンアイテムがところ狭しと並びます。その商品の本格的な重厚感と豊富さに、初めて訪れた人はみな圧倒されます。

園芸ショップ「toolbox世田谷」

目利きのオーナーが現地で見つけた
世界の選りすぐりがズラリ

イギリス、ドイツ、フランスの園芸アイテム(toolbox世田谷)

店内に並ぶアイテムは、イギリスやドイツ、フランスなど、ヨーロッパのものが中心。商品が美しく見えるよう、それぞれ専用のラックが設けられ、整然と展示されています。

ツール類はみな用途が異なり、形も大なり小なり異なっています。たくさんの中から自身が求めているアイテムを選ぶのは至難の業ですが、心配はいりません。ショップオーナーの黒田明雄さんが、工房やその国のガーデニング事情などの話も交えて、詳しく説明してくれます。各工房のこだわりの違いなどを知ると、品を選びやすくなるだけでなく、ガーデニングの楽しさがぐっと膨らむものです。

園芸ショップ「toolbox世田谷」オーナー 黒田明雄さん
さまざまなストーリーをとても楽しそうに話してくれるオーナーの黒田さん。道具への敬愛の念が伝わってきます。

世界各国の本物に触れた経験が
「toolbox」の誕生につながる

世界各国のガーデンツールが並ぶ園芸ショップ「toolbox世田谷」
ガーデンツール以外にも、職人技が光るこだわりのアイテムがズラリ。照明が抑えられた空間は、まるでロンドンなどにあるショップにいるような錯覚に陥ります。

もともとエクステリア会社でエクステリア&ガーデンデザイナーとして活躍していた黒田さん。約5年間デザインに従事し、その後ポストやライトなどのガーデンエクステリアプロダクトの輸入・開発の部署を立ち上げました。世界のガーデンプロダクトを研究するために、イギリスやオーストラリア、ドイツ、北欧など、各国のガーデンショーや工房、メーカーなどに足を運んで、職人やデザイナーにも会い、技術、歴史などについても学びました。「イギリスのチェルシーフラワーショウやハンプトンコートのガーデニングショーは数えきれないぐらい行ったよ。当時は何もかもが珍しく、とにかく楽しかったね」。

もともと建築も含めてデザインの世界にいたというだけあって、あらゆるものを効率よく吸収しながら‘確かな目’を養っていきました。そして、今から約10年前に独立。自身の世界を集約させたショップ「toolbox」をオープンしたのです。

工房ごとに異なる個性を
国ごとに比べてみよう

以前は、イギリス製のガーデンツールがメインでしたが、最近はオーストリアやオーストラリア、オランダなどのツールも多数取り扱っています。最近、他国に生産を任せて安く量産するメーカーも増えてきたそうですが、ここで扱うものはいずれも、伝統的な製法で職人が丁寧に作った「ぬくもりを感じる逸品」にこだわっています。

オーストリアのPKS Bronze社の園芸用スコップなどが並ぶ(園芸ショップ「toolbox世田谷」)

上の写真はオーストリアのPKS Bronze社のもので、あたたかみのある輝きを放つ銅合金製。オーストリアの自然科学者・ヴィクトル・シャウベルガー氏の「銅合金の農具は土壌を改善し、農作物の品質を高める」という1950年の実験結果に基づいてつくられています。滑らかな取っ手部分はブナ材。

オランダ・スネーブル社のガーデンツール(園芸ショップ「toolbox世田谷」)

オーストリアの繊細な印象のものとは大きく異なり、がっしりとした印象があるオランダ・スネーブル社のガーデンツール。100年以上の歴史がある工房で、園芸農家の声を受けながら改良を重ねてきたツールです。材質はステンレス製で錆びる心配がなく、エッジがシャープで使いやすいのが特徴。握りやすい柄はタモ材など。

スイス製のフェリコのハサミなどもラインナップ(園芸ショップ「toolbox世田谷」)

ハサミも充実のラインナップで、アメリカや日本、スイス製があります。切れ味はどれも甲乙つけ難い優れものばかりなので、握った感じや重さなど、実際に触れて好みのものを選べるのも、この店ならでは。さらにスイス製のフェルコのハサミは、すべてのパーツに分解してメンテナンスできるのが大きな魅力。バラの愛好家たちに支持されている理由が分かります。さすが精巧なモノづくりが得意なスイスの技ですね。

「「toolbox」で購入されたフェルコのハサミの調子が悪くなった場合は、黒田さんにメンテナンスをお願いすることができます。

黒田さんがデザインした
秀逸アイテムも必見!

「toolbox世田谷」でしか販売していないホースリール
「toolbox」でしか販売していないホースリール。ネット販売は楽天のみ。注文しても届かない偽サイトがあるそうなので気をつけて。

エクステリア&ガーデンプロダクト開発業務をショップとは別に継続していることもあり、自身で手がけたオリジナルホースリールを販売しています。これは日本製で、重厚感のあるボディはアルミ合金。劣化しづらく長もち。3色のボディの色と装飾ディスクの種類も豊富でカスタマイズされています。さらに、「ノズルがずば抜けて優れているんですよ」と黒田さん。「水の勢いを調節しつつ、それを固定できる」という設計で、使っていて疲れません。この機構を採用した散水ノズルは、日本ではこの会社の製品だけです。

どれも素敵で目移りしてしまいますが、シックなカラーの「オリジナル(中段)」はクラシックな印象を、メタリックな輝きを放つ「コスモシリーズ(上段)」はモダンな印象があり、よく見比べると醸し出す雰囲気が異なるので、自庭に合ったものを選びましょう。

庭をおしゃれに見せてくれる
アイテムも充実

プランツタグや麻ひもなど、植栽シーンを素敵に演出するために欲しいアイテムも充実。実用性と遊び心を兼ね備えたデザインに、眺めているだけで園芸意欲が膨らみます。「見映えも重視したい」という、オープンガーデンなどをしている方に特にオススメです。

おしゃれなプランツタグも(園芸ショップ「toolbox世田谷」)
ブラックステンレスのプランツタグ(園芸ショップ「toolbox世田谷」)
左下のプランツタグと、上の写真のくるんとした棒のハンガーと黒いラベルはどちらも日本製で、素材はステンレス。プランツタグはブラックステンレスを使用しているので、よりおしゃれな雰囲気が。右下の枝に巻き付けられる細長いタグはアメリカ製で、素材は亜鉛。
カラフルな麻ひもも、おしゃれなガーデンづくりには欠かせません。このイギリス・ナッツシーン社の麻ひもはガーデナーに大人気。特に誘引時に活躍します。植栽になじむ色だけでなく、アクセントカラーになるように使っても◎。最近は編み物好きの人たちにも人気。

緯度が高いことに加えサマータイムもあり、夏は夜遅くまで日が沈まないヨーロッパ。庭が広いだけでなく、職場が自宅から近い人が多い、蚊がいないなど、さまざまな条件が揃い、夜もガーデンで家族や友人と過ごす人が多いそうです。「だから、日本人よりも庭に居心地の良さを求めるんですよ」と黒田さん。おしゃれだけど飽きのこない庭をつくるためには、見映えのよい添景物が必須。ガーデンオーナメントだけでなく、バードフィーダーなどもデザイン的なものが求められています。

ユニークなデザインのデンマークとドイツブランドのバードフィーダー。小鳥が安心して食事できるように、大きな鳥はとまれない設計になっています。

シーンづくりの参考にしたい!
洗練されたディスプレイ

小さなショップ空間を有効活用したディスプレイも見逃せません。天井や壁面を巧みに活用し、見ごたえたっぷりにコーディネートされています。店内の見通しや動線を妨げずに、ここぞという場所に強弱をつけて飾るテクニックは、やばりデザイナー出身の黒田さんだからこそなせる技。“商品の使い方が想像できるように”意識されたディスプレイは、ベランダやインテリアのコーナーづくりに大いに参考になります。

店内中央で目を引いた、吊り下げ型物干し。愛らしい絵柄のタネ袋や手袋を吊り下げて、空間を軽やかに演出しています。これは18~20世紀の頃、一般の家庭で使われていた伝統的なデザインの物干しの形をそのまま復活させた製品です。付属の滑車を天井に取りつけて、長いロープで本体を上下させるので、手の届かない高い場所にも設置が可能です。ハーブ&フラワードライヤーとして活用したり、インテリアのアイテムとしていろいろ使えそうです。

ガーデンブーツ(園芸ショップ「toolbox世田谷」)

おしゃれなガーデンブーツを手に入れたら、ブーツラックにもこだわると、素敵に見せながらの収納が可能。ブーツを逆さに吊るすので、ホコリが入るのを防げます。ガーデンブーツはデンマークからやってきたイルセ・ヤコブセン社のもの。編み上げがおしゃれで、タウン用としても愛用できそうです。ラックは英国・クレモアミル社の3足かけられるもの。

木製のバスケットはロイヤル・サセックス社のガーデントラッグ(園芸ショップ「toolbox世田谷」)

階段の上の空間には、異なる形・素材のバスケットを組み合わせた、シンプルなコーディネート。表皮をそのまま生かした木の巣箱も合わせて遊び心を加えています。すっきりと素敵に見えるのは、色のトーンを揃えているからなのでしょう。木製のバスケットは英国・ロイヤル・サセックス社のガーデントラッグ。ワイヤー製のものはフランスのコンブリション社のワイヤーバスケット。スクエアのバスケットは、オランダ製と、ここも国際色豊かなコーナー。

繊細さピカイチ!
日本のアイテムにも注目

商品は、海外製品に限らず、日本製のものも並んでいます。繊細な技術と手入れを必要とする盆栽は、我が国が生んだ誇るべき文化。それを支える道具類も繊細であることが求められます。黒田さんはそこに着目し、盆栽用の華奢な銅製土入れや銅製熊手なども、多肉植物やミニ盆栽などの細かい作業にオススメのアイテムとして揃えています。

イギリス製のガーデンサインやドライフラワーなども(園芸ショップ「toolbox世田谷」)
京都の金網工芸の銅製バスケットをイギリス製のガーデンサインやドライフラワーと一緒にハンギング。鉢に見立てて、植物を植えても素敵。
鉢植えにオススメの銅製の鉢底用の網(園芸ショップ「toolbox世田谷」)
鉢植えにオススメの銅製の鉢底用の網。銅イオンにより高いナメクジ忌避効果が期待できます。

黒田さんイチ押しはコレ!
ドイツ製の黄色いガーデンブラシ

ドイツ製のガーデンブラシ(園芸ショップ「toolbox世田谷」)

50年程前からドイツでつくられているガーデンブラシ。ブラシ部分がカーブしているのが大きな特徴です。ブラシは固すぎず柔らかすぎないところがポイント。熊手とは違い、芝生に引っかかることなく落葉を掻き出してくれます。もちろん、レンガや石のアプローチの掃除にもオススメ。化学繊維なので劣化しづらく、庭の掃除が格段に楽になります。

世界にはさまざまなガーデンツールがあり、庭の楽しみ方も千差万別。一つの道具を通して異国の園芸文化のほんの一端に触れるだけで、ガーデニングの時間がぐっと楽しくなるものです。「toolbox世田谷」はそんな機会を与えてくれる場所。ぜひ、奥深いガーデニングの世界をのぞきに訪れてみてください。アクセスは、東急田園都市線・用賀駅から徒歩約10分。ご紹介の実店舗に並ぶツールは、ネットショッピングも可能なので、ぜひアクセスしてみてくださいね。

併せて読みたい

素敵な発見がたくさん! 園芸ショップ探訪1 岩手・雫石「花工房らら倶楽部」
マーク・チャップマンさんもオススメ! デザイン性の高いガーデングッズ5選

【GARDEN SHOP DATA】

庭道具屋 toolbox

世界のこだわりのガーデンツールやアイテムを扱う、園芸ショップ。逸品がずらりと並ぶ品ぞろえに、本格派ガーデナーの熱い支持を得ている。2019年1月、世田谷・用賀から移転して、埼玉県越谷市にオープン予定。

住所:埼玉県越谷市恩間413-10
TEL: 048-971-7814/FAX: 048-971-7815
URL: https://www.rakuten.co.jp/toolbox/

Credit

写真&文/井上園子
ガーデニングを専門としたライター、エディター。一級造園施工管理技士。恵泉女学園短期大学園芸生活学科卒。造園会社、園芸店を経て園芸雑誌・書籍の編集者に。おもな担当書に『リーフハンドブック(監修:荻原範雄)』『刺激的ガーデンプランツブック(著:太田敦雄)』『GARDEN SOILの庭づくり&植物図鑑(著:田口勇・片岡邦子)』など。自身もガーデニングを楽しみながら、美術鑑賞や旅行を趣味にする。植物を知っていると、美術も旅も楽しみの幅が広がりますね。

Print Friendly, PDF & Email