四季がはっきり変化する日本には、豊かな自然と幅広い植物群、そして花を美しく咲かせる技術力があり、海外からも注目されているガーデンがたくさんあります。全国各地で育まれ、訪れる人々を感動させる花咲く数々のスポット。人生で一度は訪れてほしい観光ガーデンへご案内します。

Print Friendly, PDF & Email

湖を背景にバラも健やかに育つガーデン

1934年に建てられた昭和初期の近代名建築、「旧びわ湖ホテル本館」をリニューアルし、2002年に「柳が崎湖畔公園 びわ湖大津館」としてオープン、隣接する敷地にはイングリッシュガーデンがつくられました。その後、数度のリニューアルを経て、県下最大の300種、3,000株のバラで彩られる「びわ湖大津館 イングリッシュガーデン」として親しまれるに至っています。

「花と湖、四季折々の花々に囲まれた楽園で過ごす安らぎのひととき」がコンセプトのイングリッシュガーデンは、約5,900㎡の敷地を持ち、大人の足でゆっくり歩いて約30〜60分ほどの散策を楽しめます。それは湖上をわたるさわやかな風と優しい花の香りを感じながら、心身ともにリフレッシュできる穏やかな時間。びわ湖を借景にしたガーデンウェディングも開催されており、祝福の心を表すように手入れの行き届いた景色は、必見です。

ローズソムリエ、小山内健さん監修の
300種、3,000株のバラにうっとり!

「びわ湖大津館 イングリッシュガーデン」では、大まかに「グラベルガーデン」「ボーダーガーデン」「ノットガーデン」「ランドスケープガーデン」「スイレンの池」のエリアに分かれています。写真は小石、砂礫を組み合わせ、可憐な花々やハーブを植え込んだ「グラベルガーデン」。春はソメイヨシノ、シダレザクラ、ヤエザクラなどの花木と、チューリップ、スイセン、ポピーなど春の草花との競演が楽しめます。特にチューリップは約20種、約8,000球が植栽されており、4月頃が見頃です。

美しいびわ湖と一体になった、絵画のような景色を楽しめる「ランドスケープガーデン」では、5月上中旬に「野田藤」が見頃になります。池に渡した太鼓橋を覆うように長い花房を垂らす、それは見事な景色といったら! フォトスポットになること間違いありません。

バラの名所でもある「びわ湖大津館 イングリッシュガーデン」。バラの見頃は5月中旬〜6月中旬、10月下旬〜11月下旬です。写真はランドスケープガーデンの一角にあるローズガーデンで、散策路の両サイドに四季咲き性の品種が植栽されています。ローズガーデンは、京阪園芸のローズソムリエ小山内健さんの監修で、間近でバラの姿形や香りが楽しめるように設計されています。アーチを彩るのは‘コルデス・ジュビリー’で、黄色い花が開くともに花弁の縁から徐々にピンクに染まっていく、ひと株で花色のグラデーションが楽しめるバラです。

バラは、「F&Gローズゾーン」「つるバラゾーン」「香りのゾーン」のほか、皇室や著名人にちなんで名付けられたバラを集めた「皇室ゾーン」「音楽家ゾーン」「俳優・女優ゾーン」「ペインターズ(画家)ゾーン」などに分類して植栽されています。

青空の下、びわ湖からわたる風が心地いい!
エリアごとのシーン演出に心が躍る英国式庭園

散策路や塀に沿って細長く取った植栽スペースに設けられた「ボーダーガーデン」。立体的に植栽されたこのエリアには、芝生のグリーンや、つるバラに希少なオールドローズ、色とりどりの宿根草、ハーブが絶妙に調和する風景を楽しめます。ピンクのつるバラは‘スパニッシュ・ビューティ’と‘キュー・ランブラー’。

白バラの‘アイスバーグ’、‘ホワイト・クリスマス’のアーチで場面転換される向こうに見えるのは、「ノットガーデン」。ノットは「結び目」を意味し、ツゲを刈り込んだトピアリーのように紋章を形づくり、その中に花やハーブを植えて強調させています。びわ湖に面した場所のため視界が開けて心地よく、また紋章をはっきり見るには「びわ湖大津館」建物の上階から眺めるのもオススメです。

「スイレンの池」では、5種以上、約150株の耐寒性スイレンと、約5種50株の熱帯性スイレンが集められ、優雅な姿を見せてくれます。見頃は6~9月で、訪れた方からは「太鼓橋の藤の景色とも相まって、庭を愛した印象派の画家、モネの絵のように素敵」との感想も聞かれます。

写真はびわ湖側からノットガーデンを通して「びわ湖大津館」を望む景色。ノットガーデンでは年2回の植え替えがあり、秋はアメジストセージが紫色に染め上げます。

「びわ湖大津館 イングリッシュガーデン」では、年間を通してジャズコンサートやハロウィン、お姫様体験会(ドレス試着体験)などの各種イベントや、寄せ植え教室、基礎バラセミナー、各種カルチャー教室も開催。特にバラ監修の小山内健さんのセミナーは、毎回の盛況を見せています。ぜひ公式ホームページをチェックして、気になるイベントに参加しましょう!

びわ湖をのぞむレストランで美食を満喫!
ギフトショップもバラにまつわる雑貨が充実

ひと通り散策を終えたら、港町をイメージしたフレンチレストラン「ベルヴァン・ブルージュ」で、びわ湖を一望しながらラグジュアリー感のある食事やティータイームを楽しんではいかが。頬をなでる風が心地よい、テラス席もあります。営業時間は10:00〜21:00。ランチコースは2,160円、3,500円・5,000円(共に要予約)。ほかにお子様ランチ1,080円、カレー1,080円〜などがあります。デザートは自家製ワッフルセット1,080円、ケーキセット910円など。

写真は、「シェフのおすすめランチコース」2,160円。季節の前菜、本日のスープ、メイン料理、デザート盛り合わせ、パンまたはライス、コーヒーまたは紅茶をいただきます。メニュー内容は月ごとに替わるので、リピートしてみたいですね。

「びわ湖大津館」内には、ショップ「Shiga no Hana(シガノハナ)」があるので、ぜひ立ち寄ってみましょう。ギフトやお土産にぴったりの、滋賀県ならではのクラフト品やお菓子、バラ園にちなんだローズ雑貨がさまざまに揃います。

Information

びわ湖大津館 イングリッシュガーデン

所在地:滋賀県大津市柳が崎5-35(柳が崎湖畔公園内)
TEL:077-511-4187(びわ湖大津館/受付9:00~19:30)
http://www.biwako-otsukan.jp/

アクセス:
公共交通機関/JR大津京駅から徒歩約15分、京阪・近江神宮前から徒歩約15分
車/名神大津ICから車で約10分

オープン期間:3~12月
休園日なし(※冬期休園1~2月)

営業時間:9:00~18:00 (4~9月)、9:00~17:00(3月、10~11月)、11:00~16:00(12月※無料開放)

料金:大人(高校生以上)/320円、小・中学生、65歳以上、障がい者/160円

駐車場:柳が先湖畔公園港駐車場利用(普通車/1時間/210円)※ガーデン入園者は3時間無料

あわせて読みたい

花の庭巡りならここ! 自然の恵みを五感で楽しめる、充実の観光ガーデン「English Garden ローザンベリー多和田」
花の庭巡りならここ! 古都にフランスの風を感じるスポット「ガーデンミュージアム比叡」

Credit

取材&文/長田節子
ガーデニング、インテリア、ハウジングを中心に、ライフスタイル分野を得意とするライター、エディター。1994年より約10年の編集プロダクション勤務を経て、独立しフリーランスで活動。特にガーデニング分野が好きで、自身でも小さなベランダでバラ6姉妹と季節の草花を育てています。草花や木の名前を覚えると、道端で咲いている姿を見て、お友達にばったり会って親しく挨拶するような気分になれるのが醍醐味ですね。
https://twitter.com/passion_oranges/

Print Friendly, PDF & Email