フラワー&フォトスタイリスト、海野美規さんによるWEB上フラワーアレンジメントレッスンです。今回は庭にたくさん咲いたコスモスをたっぷり使いました。ユニークな花器が、見慣れたいつもの花をグッとオシャレに、新鮮に見せてくれます。風にそよぐようなナチュラルな雰囲気が素敵な秋のアレンジメントです。

Print Friendly, PDF & Email

ガーデンでもアレンジにも重宝する
丈夫で水揚げがよいキバナコスモス

今年も庭にキバナコスモスがたくさん咲きました。キバナコスモスやコスモスがそよそよと風に踊りきれいな花を咲かせていると、残暑の中でも秋の到来を感じさせます。

キバナコスモスは夏から秋まで開花時期が長く、虫がつきにくく、切り花にしても水揚げがよくて長もち。ガーデンでもフラワーアレンジでも、とても使い勝手がよい花です。この季節は、キバナコスモスを庭から摘んで活けるのが私の楽しみ。大好きなピンクと白のコスモスもプラスして、コスモスだけのアレンジにしました。白のコスモスはダブルクリックという名前で、お花屋さんで購入。コスモスもいろいろ種類がありますが、どれもとても優しい雰囲気で人気の花ですね。

<使った花>

・キバナコスモス
・コスモス ピンク、白
・エノコログサ

見慣れたキバナコスモスをオシャレに見せてくれる
ユニークな花器を発見!

今年のキバナコスモス、どんな器に活けようかな……バスケット、ガラスの器……。あれこれ頭に思い浮かべましたが、いいアイデアが浮かばないままでいました。そんな時に、ふらっと入ったお店で、このペリカン似の陶器のベースが目にとまりました。ぽったりとした形、白い陶器、たっぷり活けられる大きさ、かわいいペリカンのシルエット、一目で気に入ってしまいました。さあ、今年はこのフラワーベースを使って、ちょっと面白い感じのアレンジにしてみよう~。イメージとしては、風に揺れるキバナコスモスに見え隠れするペリカン……というところでしょうか?

<フラワーベース>

ペリカン似の白い陶器の花瓶
Francfranc イルディア フラワーベース ビーク/http://www.francfranc.com/shop/g/g1111010111200/

ポイントは、ユニークな器をチラリと見せる

<手順>

器に入る部分の葉っぱは取り除いておきます。

キバナコスモス、コスモス、どちらも1本ずつ入れていきます。

ペリカンのシルエットを生かせるように、あまり器の縁に覆い被さらないようにしました。全体にこんもりとした形に整えて、ペリカンの頭のようにすると可愛らしいかなと思います。くちばしに合わせて、少し長い枝のものも入れて。

シンプルなアレンジもオシャレに変身!

シンプルにアナベルだけ活けても面白くなりました。水を抜いて、このままドライアナベルのアレンジとして飾ってもいいですね。個性的なフォルムであっても、白、陶器、というシンプルなデザインのフラワーベースですので、色や花を選ばず使えそうです。

ガーデンで見慣れた花も、器選びやアレンジメントの仕方でいつもとは違う新鮮な表情を見せてくれます。みなさんもぜひ、秋のフラワーアレンジを楽しんでくださいね。

あわせて読みたい

庭の花をサラリと活ける「多彩な色のまとめ方」
お家でハロウィン! カボチャのテーブルデコレーション 
Flowers for Me 育てた花を飾ろう「秋色アジサイを飾ろう」

Credit

アレンジ作成・写真・文/海野美規(Unno Miki)
パリで『エコール・フランセーズ・ドゥ・デコラシオン・フローラル』に入門、ディプロムを取得。『アトリエ・サンク』の山本由美氏、『From Nature』の神田隆氏に師事。『草月流』師範。フランス、ハンガリー、シンガポールでの暮らしを経て、現在日本でパリスタイル・フラワーアレンジメントの教室『Petit Salon MILOU(プチ・サロン・ミロウ)』を主宰。
http://www.annegarden.jp

Print Friendly, PDF & Email