30代にメルボルンに駐在し、オーストラリア特有の植物に魅了された遠藤昭さん。帰国後は、オーストラリアの植物を中心としたガーデニングに熱中し、神奈川県の自宅の庭で100種以上のオージープランツを育てた経験の持ち主。ガーデニングコンテストでも数々の受賞歴があり、60㎡の庭づくりの経験は20年になるという遠藤さんに、庭で育てがいのあるオージープランツを解説していただきます。

Print Friendly, PDF & Email

時代の先端を行く魅力的な多年草

最近、寄せ植えに人気のフランネルフラワー(英名:Flannel flower 学名:Actinotus helianthin )をご紹介しよう。オーストラリア原産で、セリ科アクチノータス属の多年草だ。花弁に細かい産毛が密生しフランネルのような優しい感触で、厚みのある乳白色の花びらを持ち、銀白色の葉が織りなすモダンアートな雰囲気。いかにも“時代の先端を行く花”というオーラを放って、園芸ファンを魅了している。

栽培成功の秘訣は、原産地のチェック

日本で出回り始めて10年以上経つと思うが、意外とオーストラリア原産である事や、その生育環境に関しては知られていない。上手に草花を育てるには、必ず原産地をチェックし、その気候風土を知っておくことが不可欠だ。見た目だけで草花を選んで寄せ植えをつくっても、生育環境が異なれば、美しく保つのは難しい。

よくプロの人でも、オージープランツをパンジーなど生育環境の異なる植物と寄せ植えをしているのを見かけるが、結果は当然、雨を嫌い乾燥地帯で育つオージープランツは枯れる事が多い。

以前の記事でも触れたことがあるが、オーストラリアは東西に広い国なので、東海岸と西海岸では気候が大きく異なる。日本に紹介されているオーストラリア原産の草花の多くは、西オーストラリアに分布するが、このフランネルフラワーは、東海岸のニューサウスウェールズからクイーンズランドの涼しい内陸部に自生し、さらに一部が南のビクトリア州の南海岸沿いの砂質土壌の地域で帰化している。

オーストラリア、シドニーで自生するフランネルフラワー 。Photo/Yori Hirokawa/Shutterstock.com

これは何を意味するのかというと、東オーストラリアの気候の方が、日本の温暖湿潤気候に近く、日本では、乾燥地帯に育つ西オーストラリア原産の植物よりも、東オーストラリア原産の植物の方が育てやすいということだ。砂質土壌の地域で帰化しているというのも育てる上ではヒントだ。それゆえに、フランネルフラワーが日本でも品種改良されて比較的育てやすく、人気なのだ。僕の長年のオーストラリアの植物の栽培経験でも、東南部のメルボルン近辺やタスマニア地域原産の植物は、神奈川・横浜近辺でも育つが、乾燥を好む初恋草=Lechenaultiaなどの西オーストラリア原産の植物はかなり難しいという感覚を持っている。

フランネルフラワーを育てる用土と置き場所

日本に出回っているフランネルフラワーは、シドニーのあるニューサースウェールズで園芸品種として育種された品種や、国内で改良された品種のようである。西オーストラリアの植物に比べれば比較的日本でも育てやすいが、やはり雨は嫌う。

僕の育て方は一般の園芸用土50%に鹿沼土25%と細かい軽石(またはパーライト)25%をブレンドした用土に植えている。弱酸性の土を好むので、鹿沼土はオージープランツには便利だ。置き場は日当たりの良い場所で雨に当てないこと。雨に濡れないベランダなどが、置き場として適している。真夏の直射日光や西日は鉢が暑くなり根が傷み枯れる原因となるので、遮光し、鉢を二重にするなど鉢が暑くならないような工夫が必要だ。なにしろ高温多湿を嫌う。水やりは、表面が乾いたらたっぷりやるのだが、冬は控えめに。肥料は控えめでよいが、化成肥料は避け、発酵油かすの置き肥を春と秋に施すのが無難。液肥は夏には乾燥で鉢の中での濃度が濃くなるので注意しよう。

花は、春から秋まで咲き続けるが、夏には花数が少なくなる。この時期に、茎の先を数㎝切り詰め、風通しをよくし、秋の開花に向けて花が咲く新芽を出させるとよい。なお開花の時期に、花を咲かせ続ける秘訣は、パンジーやペチュニアと同様に、花殻摘みをマメに行う事。草花は子孫を残そうとして花を咲かせてタネをつくる。そしてタネをつくるには大変エネルギー(養分)を消耗する。花殻を摘むと、草花は再び子孫を残そうと花を咲かせようとするのだ。この繰り返しが、花殻摘みをマメに行う理由だ。当然、養分である肥料は補給してあげる必要がある。

生育環境が異なる植物同士は寄せ置きがオススメ

さてここからは、オージープランツを生育環境の異なる草花と寄せ植え風に見せる手法を紹介しよう。1年掛かりで大きく育ったフランネルフラワーをもっと素敵に表現する方法に挑戦してみた。園芸には育てる楽しさと、芸術として表現する楽しさがある。

1年掛かりで大きく育ったフランネルフラワーの鉢植え。

寄せ植えではなくて、鉢ごと大きな鉢に入れる寄せ置きだ。鉢ごとに、用土も水やりも異なるが、これなら生育環境の異なるオージープランツと日本古来の植物のコラボも可能だ。高さが異なるものは、レンガ等で上げ底をして調整するとよい。

寄せ植えでは枯れてしまうので、実現出来ないフランネルフラワーと日本の羊歯との寄せ置きで、独創的な表現ができるのだ。

まず、間口が広い和の陶器の中央に鉢植えのまま置く。モダンで夏らしく涼しげな表情になった。

レンガ等で高さを調整しながら、フランネルフラワーの周りにニシキシダなどの鉢を並べる。こんな、寄せ植え風の寄せ鉢がひと工夫で完成してしまう。

この手法なら1~2週間程度のローテーションで、さまざまな鉢の組合わせを楽しめるのだ。挿し木等でアイビーなどの小鉢を多数つくっておくと便利だ。

ニシキシダとニュージーランドのアステリアの渋い組み合わせ。

もう一つの寄せ置きアイデアは、単純に植木鉢を寄せて置くだけなのだ。こんな手法を使うとオージープランツと、その他の日本の草花とも寄せ植え風のコラボ風景が簡単にできるのだ。寄せ植えとは異なり、自由に組み替えができるので、いろいろ置き換えてみると、センスを磨くトレーニングにもなるのでオススメする。

黄金カズラとフランネルフラワーの大人色の寄せ鉢。
単品でツボに入れた和風も絵になる。

最後に、生育環境が同じオージープランツのエレモフィラニベア、ニュージーランドのコロキアなどを寄せ植えた例をご紹介しよう。

いくつかの草花を組み合わせる相乗効果によって、より美しいものを創造する楽しみは、寄せ植えだけではなく、寄せ置きという手法だと生育環境の異なる植物も楽しめるので、オージープランツには絶好の手法だ。この秋の園芸シーズンはオージープランツの寄せ置きで楽しんでみませんか?

併せて読みたい

オージーガーデニングのすすめ 白銀の葉と淡いパープルの花に魅了「エレモフィラ・ニベア」
オージーガーデニングのすすめ「オーストラリアの木生羊歯」

Credit

写真&文/遠藤 
30代にメルボルンに駐在し、オーストラリア特有の植物に魅了される。帰国後は、神奈川県の自宅でオーストラリアの植物を中心としたガーデニングに熱中し、100種以上のオージープランツを育てた経験の持ち主。ガーデニングコンテストの受賞歴多数。現在は、川崎市緑化センター緑化相談員を担当しながら、コンテナガーデン、多肉植物、バラ栽培などの講習会も実施。園芸文化の普及啓蒙活動をライフワークとする。著書『庭づくり 困った解決アドバイス Q&A100』(主婦と生活社)。

Print Friendly, PDF & Email