エディブルフラワーとは、食用に育てられた専用の花で、パンジーやビオラ、バーベナ、ナデシコ、ペンタス、ベコニアなど、よく見かける一年草の花が利用されています。
最近になって、これらの花にも豊富な栄養素があることが分かり、注目を集めるようになりました。今回は、すぐに作れるサラダや、フラワーアイスキューブなど、エディブルフラワーの活用方法をご紹介します!

Print Friendly, PDF & Email

エディブルフラワーを購入する際の注意点

最近では、エディブルフラワーはインターネット通販で取り寄せができるようになり、また、エディブルフラワーを栽培する農家さんが増えてきたこともあって、私たちも手に入れやすくなりました。

エディブルフラワーを購入する際には、栽培期間中に農薬が使われていないかをしっかり確認しましょう。農薬を使っていなければ、洗わずにそのまま使えるので、洗うことで花の形が崩れることも避けられます。

購入する際に気をつけたいポイントなどについては、「エディブルフラワーでお花のカップケーキをつくろう」で詳しくご紹介しています。

エディブルフラワーの楽しみ方その1…サラダに添えて

ベビーリーフのサラダに、ニチニチソウとペンタスを一緒に飾ってみました。

花自体に味の主張はさほどなく、口に入れてしまうと分からない程度ですが、それぞれに風味が異なります。それも楽しんでみてくださいね。

エディブルフラワーの楽しみ方その2…フラワーアイスキューブ

フラワーアイスキューブの作り方はとっても簡単で、製氷皿にお花を入れて、凍らせればでき上がります。エディブルフラワーは繊細な花ですので、寿命も3~4日ほどと短め。その間に使い切れなかったものは、フラワーアイスキューブにしておけば、保存も可能ですよ。

フラワーアイスキューブを上手に作るコツは?

上手にフラワーアイスキューブを作るコツをお伝えします。まずは、用意するお水について。

お水は、一度沸騰させてから冷ましたものを使うと、氷に透明感が出ます。

また、でき上がった時に、お花が片方に寄ってしまったり、逆さになることを防止するために、一度にお水を張らないで、2回に分けます。

一度目は、製氷皿の半分まで水を入れて、エディブルフラワーを好きな向きや位置に配置し、凍らせます。それが凍ったら、上まで水を足して、再度凍らせると綺麗に仕上がりますよ。

エディブルフラワーの楽しみ方その3…フラワーソーダ

作ったエディブルフラワーアイスキューブに、炭酸水を加えたフラワーソーダはいかがでしょう? 見た目にも可愛らしく、おもてなしにも喜ばれますよ。

ここにレモンを加えてさっぱりしたソーダにしてもいいですし、季節のフルーツを入れてもおいしく飲めます。お好みのアレンジで、楽しんでみてくださいね。

 

あわせて読みたい

エディブルフラワーでお花のカップケーキをつくろう
育てて食べられる! 食卓を彩るエディブルフラワーの寄せ植え

Credit

写真&文/堀 久恵(ほり ひさえ)

花音-kanon- 代表、ガーデンセラピーナビゲーター。

生花店勤務を経て、ガーデンデザイン・ハーブ・アロマセラピー等を学び、起業。植物のある暮らしを通じて、病気になりにくい身体を作り健康寿命を延ばすことを目指した「ガーデンセラピー」に特化した講座の企画運営と庭作りを得意とする。植物に囲まれ、日々ガーデンセラピーを実践中。埼玉県熊谷市在住。
https://kanongreen.com/

Print Friendly, PDF & Email