「マロウブルー」というハーブをご存じですか? 時間の経過や酸性のものを加えることで、青・紫・ピンクと、色の変化が楽しめるハーブです。
このマロウブルーを使っていれるハーブティーは、大人も子どもも、「わーすごい!きれい!!」と思わず声をあげたくなる、ちょっと変わった演出ができます。そのため、サプライズティーとも呼ばれていて、おもてなしにも大変喜ばれます。
そんな、見た目で楽しませてくれるマロウブルーですが、ハーブの効能としても優秀です。
今回は、マロウブルーの効能と共に、その性質を利用したおいしいセパレートティーのレシピをご紹介します! 作り方も簡単ですので、お子さまと一緒に作るのもオススメです。

Print Friendly, PDF & Email

マロウブルーの効能は?

マロウブルーはハーブの一種で、和名を『ウスベニアオイ』といいます。アオイ科の花の部分を乾燥させて使います。

この鮮やかなブルーの正体は、フラボノイドの一種、アントシアニジンという成分によるもの。着色ではなく自然の色で、ここまで美しい青紫が出るって、植物ってすごいなと改めて感じますね。

マロウブルーは、のどや胃の粘膜を保護する働きに優れたハーブ。風邪をひいてのどの腫れや痛みがある時、胃炎や腸炎・気管支炎などのトラブル時に、体内の粘膜を守ってくれますよ。ハーブ専門店やインターネット通販で購入可能です。

きれいな青を楽しむには、水出し!

マロウブルーは、通常のハーブティーをいれる要領でお湯を注ぐと、わりと短時間で茶色へと変化してしまいます。長くブルーを楽しみたいなら、水出しがオススメです。

仕上がり180㏄に対し、マロウブルーをティースプーン山盛り1~2杯ほど用意し、水に浮かべて10分ほど待ちます。だんだんと水がブルーになっていく様子を眺めているのも、また楽しい時間ですよ。

薄いブルーから濃いブルーへ、そして紫色になったら、ハーブを濾しましょう。

マロウブルーのセパレートティーの作り方

<材料>

  • 水出ししたマロウブルーティー
  • グラス
  • カルピス

<作り方>

1.グラスに氷をたっぷり入れる

2.カルピスを規定量入れる

3.水出ししたマロウブルーティーを氷にあてながら、ゆっくり、そーーっと注ぐ。ポイントは、「とにかくゆっくりと! 」

カルピスの糖分は水より重いので、綺麗な2層に分かれます(セパレートします)。これででき上がりです!

カルピスの酸性に反応し、混ぜるとピンク色に変わります。

マロウブルー自体は、味やくせがないハーブですが、そこにカルピスが加わることで、いっそう飲みやすくなります。お子さまにも安心して飲んでいただけるハーブですので、ぜひご家族で楽しんでみてくださいね。

あわせて読みたい

エディブルフラワーでお花のカップケーキをつくろう
いつもの料理にハーブをプラス! ハーブトマトソースをつくろう

Credit

写真&文/堀 久恵(ほり ひさえ)

花音-kanon- 代表、ガーデンセラピーナビゲーター。

生花店勤務を経て、ガーデンデザイン・ハーブ・アロマセラピー等を学び、起業。植物のある暮らしを通じて、病気になりにくい身体を作り健康寿命を延ばすことを目指した「ガーデンセラピー」に特化した講座の企画運営と庭作りを得意とする。植物に囲まれ、日々ガーデンセラピーを実践中。埼玉県熊谷市在住。
https://kanongreen.com/

Print Friendly, PDF & Email