暑かった夏も終わり、秋の風を感じる今日この頃ですね。夏バテは、真夏の暑さに体力を消耗して体調不良になることですが、まだまだ油断してはいけません。暑さによる疲れが蓄積している今だからこそ、朝晩の気温の変化や、台風など気圧の変化で体調を崩しやすくなっています。
そこで取り入れたいのが、「ガーデンセラピー」。自然と一体になって、植物のある暮らしをすることは、ストレスをコントロールし、心と体を健やかに保つ作用が期待できます。そんな植物でできる自然療法を総称して、「ガーデンセラピー」と呼んでいます。
ハーブティーを飲むこと・ハーブの香りをかぐこと・アロマテラピーをしてみること、植物を育てて食べることなど、ガーデンセラピーの楽しみ方は無限に広がります。
今回は、おうちの中でできるガーデンセラピーとして、夏の溜まった疲れの対処法をご紹介していきますね。

Print Friendly, PDF & Email

ミントのハーブティーを飲む

暑さによる疲れが出ていませんか?

外に出れば強い日差しで汗が出て、室内に入れば強い冷房で冷えて…そんな環境は、体調を崩す原因になります。また、猛暑を過ごしてきた体内では、疲労が蓄積されています。ちょっとしたことが引き金となり、いつもより胃腸炎や風邪などを引きやすくなっていますので、一度、体の疲れを取ってあげたいところですね。

そんな時におすすめなのが、ハーブティー。

この時期には、ペパーミントやスペアミントがおすすめです。

ペパーミントには、すーっと爽やかな香りのするメントールが含まれています。中枢神経を刺激して脳の働きを活性化してくれます。また、ハーブティーとして飲むことで、胃の働きを改善します。夏の疲れが胃に表れて、食欲不振・消化不良ぎみ…という場合にぴったりです。

ティースプーン山盛り1杯のペパーミントを150mlのお湯に入れて、3分蒸したものを、1日2~3杯を目安に飲んでみてください。からだを冷やさないこと・血行を悪くさせないことが大事ですので、ホットでお飲みくださいね。

リラックスして、好きな香りをかぐ

「なんだかだるくて、やる気が出ない…」

そんな時には、アロマテラピーをしてみましょう。植物100%から採れた芳香成分が詰まっている精油を使った、芳香浴がおすすめですよ。

芳香浴とは、空気中に精油を拡散し、香りを楽しみながら心身のバランスを整えるアロマテラピーの方法の1つ。室内に香りを拡散させる機械・ディフューザーをお持ちの方は、そこに精油を2~3滴垂らし、芳香浴をしてみてください。

ディフューザーを持っていない方でも大丈夫! ティッシュペーパーやハンカチ、お湯をはったマグカップに、1~2滴ほど垂らせば簡単に芳香浴ができます。

詳しい芳香浴の方法については、こちらの記事を参考になさってみてください。

「香りでセルフケア! ストレスが溜まってイライラする時のアロマテラピー 芳香浴の3つの楽しみ方」

芳香浴の際の香りですが、何本か精油を持っている場合には、その中から、「これ、いい香りだな」と感じるものを選んでみましょう。これはよく眠れる香りだから、とか、元気が出るって書いてあったとか、効能を重視しすぎるより、自分が心地いいなと思う香りを選ぶことが大事です。リラックスして、気に入った香りをかぐことで、心身のバランスが整ってきますよ。

また、精油をお持ちでない方は、アロマテラピー専門店に一度足を運んでみてください。お店の人からアドバイスをもらいながら、いろいろな香りをかぎ比べるだけでも、楽しめると思います。

アロマバスを楽しむ

暑い日が続くと、シャワーだけで済ませる方も多いかもしれません。ですが、疲れが取れない方や夏バテ気味…という方は、しっかり湯船につかるようにしてください。

そんな時も、アロマテラピーです! 精油を使ってアロマバスを楽しんでみましょう。お風呂は密閉空間で精油成分が逃げにくいこと、また、呼吸と肌の両方から、香りの有効成分を取り込めて効率が良いことから、アロマテラピーを楽しむには最適な場所ですよ。

湯船に直接精油を入れても、浮いてしまって水中には溶けませんので、天然塩を利用します。天然塩30gに精油を6滴入れて軽く混ぜ、お風呂に入れてください。

深く眠りたい時には、ラベンダー・ゼラニウム・オレンジスイートの香りを。疲れを取りたい時には、グレープフルーツ・ペパーミント・レモンの香りなどがおすすめですが、この時の香りも、自分がいいと思った香りを使っていただくのがベストです。

今回は3種類ご紹介しましたが、できるものから取り入れて、夏に溜まった疲れのケアをしてみてくださいね。

<注意点>

自然の恵みが詰まったハーブですが、妊娠中・授乳中の方、治療中の病気がある方、体質等の心配がある方は、使用できない種類もあります。使用する前に、かかりつけの医師にご相談ください。

また、ハーブは薬ではありません。健康状態が気になる方も医師にご相談ください。

加えて、紹介したレシピの作用や反応には、個人差がございます。ご利用の際には、身体に合うかどうかパッチテストを行い、違和感がある場合にはすぐ使用を中止するなど、ご自身で責任を持ってお試しいただくようお願いします。

Credit

写真&文/堀 久恵(ほり ひさえ)

花音-kanon- 代表、ガーデンセラピーナビゲーター。

生花店勤務を経て、ガーデンデザイン・ハーブ・アロマセラピー等を学び、起業。植物のある暮らしを通じて、病気になりにくい身体を作り健康寿命を延ばすことを目指した「ガーデンセラピー」に特化した講座の企画運営と庭作りを得意とする。植物に囲まれ、日々ガーデンセラピーを実践中。埼玉県熊谷市在住。
https://kanongreen.com/

Print Friendly, PDF & Email