咲かせて、眺めて、飾って嬉しい、小さな庭がある花暮らしを楽しむ前田満見さん。神奈川の住宅街にある自宅の30坪の庭でいくつか育てている果実のひとつ、一才ヤマブドウの楽しみをご紹介します。

Print Friendly, PDF & Email

小さな庭に実る季節の果実

小さな庭には、いくつかの果樹を植えています。春はユスラウメ、初夏はジューンベリーとサクランボ、そして、秋は一才ヤマブドウ。年に一度しか味わえない果実の収穫は、季節の何よりの楽しみです。

夏から秋へ、色づく一才ヤマブドウ

春にフワフワの花房をつける一才ヤマブドウは、夏の太陽を浴びてふっくらと実を結びます。その翡翠色の実の涼やかさは、思わず朝夕の水やりの手をとめて見惚れるほど。ひと時、暑さで火照った心身を癒してくれます。

また、夏花の代わりにひと房の実と葉をさらりと器にあしらうだけで、室内に涼やかな空気が漂い気分もリフレッシュ。収穫前のこんな楽しみ方も自家製のブドウだからこそですね。

8月下旬になると、翡翠色の実にポツポツと「飛び玉」が出始めます。「飛び玉」とは、ひと房に1粒か2粒ほど着色することで、順調に生育している嬉しいお知らせなのだそう。このことを知ってから、「飛び玉」が出ると安心して収穫を待てるようになりました。それにしても、整った丸い翡翠色と濃紫色の実のコントラストの何と美しいこと。その様子は、日に日に変化して目を楽しませてくれます。まさに、この時季にしか見ることのできない庭の宝石です。

収穫の楽しみ

待ちに待った収穫は、9月半ばから10月。袋掛けしないので見栄えはあまりよくありませんが、小粒ながら重みも甘酸っぱい香りも上々。濃紫色に熟したヤマブドウを庭でカゴ一杯に収穫できるなんて、それだけで幸せな気分になります。

収穫したブドウは、さっと水洗いしたら、まずはお気に入りの器に葉っぱを添えてテーブルに飾ります。不揃いの実と虫食いの葉の野趣溢れる風情が、かえってナチュラルな秋のインテリアに。実りの季節を封じ込めたひと粒ひと粒が愛おしく、食するのがもったいないほどです。

しばらく目で楽しんだ後は、適量のミネラルォーターと実をブレンダーに入れてフレッシュジュースに。仕上げに皮と種をこしていただきます。その味は、甘酸っぱさの中にほんのり皮の苦みが残る滋味深い味。

一杯飲み干すと、身体の細胞が喜んでいるような気がします。それもそのはず、ヤマブドウは、普通のブドウの約8倍のポリフェノールと3倍の鉄分、4倍のビタミンCを含む抗酸化物質に優れた果物。まさに、わたしたち女性に嬉しいスーパーフルーツです。

こんなありがたいヤマブドウを、できるだけ長く楽しむために、冷凍保存ができるシロップもつくります。

つくり方は、
1)鍋にヤマブドウの実を入れ、弱火で10分ほど煮ます。
2)皮が剥がれて実が白っぽく見えてきたら、こし器で潰すようにタネと皮を取り除きます。
3)鍋に戻し、同量の水と総量の30〜40%(お好み)のグラニュ−糖を加え弱火で煮詰めます(途中レモン汁をひと絞り)。煮詰めすぎると冷めた時固くなるので、少しゆるめに仕上げるとよさそうです。

以前、ジャムにしたこともありますが、以外と皮が固くタネも多いヤマブドウは、シロップの方が食べやすいかと。お気に入りは、炭酸水で割ったヤマブドウジュース。鮮やかな葡萄色がとてもきれいで、先のフレッシュジュースより甘くて美味しくいただけます。そして、季節の果物とシロップを添えたヨーグルトも大好きです。毎朝、欠かさずヨーグルトを食べていますが、この時季はとびきり贅沢に。

庭の秋の恵みに感謝しながらいただきます。

Credit

写真&文/前田満見
高知県四万十市出身。マンション暮らしを経て30坪の庭がある神奈川県横浜市に在住し、ガーデニングをスタートして15年。庭では、故郷を思い出す和の植物も育てながら、生け花やリースづくりなどで季節の花を生活に取り入れ、花と緑がそばにある暮らしを楽しむ。小原流いけばな三級家元教授免許。著書に『小さな庭で季節の花あそび』(芸文社)。

Print Friendly, PDF & Email