日本庭園やイングリッシュガーデン、整形式庭園など、世界にはいろいろなガーデンスタイルがあります。世界各地の庭を巡った造園芸家の二宮孝嗣さんに案内していただく歴史からガーデンの発祥を探る旅。第13回は、イギリスにある「ハドン・ホール (Haddon Hall)」と「ハム・ハウス(Ham House)」のイタリア式庭園を解説していただきます。

Print Friendly, PDF & Email

当時のままの庭を見て知るイギリスの庭の歴史

Photo/ReflectedLight/Shutterstock.com

イギリスの庭っていつ頃から始まったのでしょうか? もともとイギリスという国自体が、前回の「ペンズ・ハースト・プレイス・アンド・ガーデン」で少し触れたように、歴史的にも国家的にも、日本人には少し理解しづらい所があります。そもそもイギリスには建国の日はありませんし、他のスコットランドやウェールズにも建国の日はありません。イギリスとスコットランドが一緒になったのは1707年、国旗のユニオンジャックが制定されたのは1801年。憲法で統一されていない4つの国(イングランド、スコットランド、ウエールズ、北アイルランド)が集まった集合体のまま、イギリスが国として落ち着き始めた10世紀以降、十字軍遠征もあって他国の文化の影響を強く受けたのです。

フランス式庭園の代表的な場所「ヴェルサイユ宮殿の庭」。

ルネッサンスやフランス王室文化に憧れを持ったイギリスは、その後もさまざまなものを他国から取り入れていきました。その中の一つが、イタリア式やフランス式の庭園です。きっとその洗練された庭の姿に憧れ、当時のイギリスの領主や富豪がこぞってイタリア式やフランス式の庭をつくったことで、国中にイタリア式やフランス式の庭が溢れかえったのでしょう。しかし、その頃の庭が現存しているものが少ないのは、一人の天才造園家“ケイパビリティ-ブラウン”の存在が大きいと考えていますが、それはまた後日お話ししましょう。

その頃使われていた植物は、イギリスに自生する数少ない植物や大陸から持ち帰ったヨーロッパ大陸原産の植物であったはずです。今のように多様な植物が使えるようになるのは、ずっと後のプラントハンターの出現まで待たなくてはいけません。

ダービーシャー州にある「ピーク・ディストリクト国立公園(Peak District National Park)」。Photo/Helen Hotson/Shutterstock.com

イギリスに庭ができ始めるのは、17世紀の初頭で、そのうちのいくつかが今も残っていて見る事ができます。そのひとつは、イングランド中部のピーク・ディストリクトにある「ハドン・ホール」です。ルネッサンスの雰囲気を色濃く残すイタリア式庭園が、「ハドン・ホール」に今もほぼ当時の姿のまま残っています。この庭がつくられたのは、イギリスで最初に国立公園に指定された地域で、イギリスには珍しく、起伏に富んだ地形の中世の雰囲気を感じさせるノスタルジックなエリアです。

ハドン・ホールの庭

Photo/Brian Shepherd/Shutterstock.com

「中世から生き残る元も完璧な家」と呼ばれ、“1000 Best Houses”にも選ばれているハドン・ホールの歴史は12世紀から始まりますが、2段のテラスのあるイタリア式庭園は、17世紀前半につくられました。近年になり少し改修されましたが、ほぼ原形のまま残っています。

Photo/Kevin Tracey/Shutterstock.com

ハドン・ホールの庭は、もともとの地形をうまく利用して、庭の中に階段を設け、上下2つのテラス状になっています。

Photo/Brenda Linskey/Shutterstock.com

屋敷の周りにはいろいろな植物が植えられていますが、これには理由があります。イギリスは冬に“ゲイル”と呼ばれる冷たくて強い北西の風が吹くため、植物をゲイルによるダメージから守るために建物に沿って植えられているのです。

Photo/Brian Shepherd/Shutterstock.com

屋敷の広い壁面を生かして、つるバラを誘引し、たわわに咲く花が窓や入り口を彩っています。

一段下がると、敷地の中央に池を配した整形式庭園になっています。

Photo/Oscar Johns/Shutterstock.com

おそらく、日本の皆さんがイメージするイングリッシュガーデンと違って、この庭は色彩的にも地味で、シンプルなデザインではないでしょうか。色とりどりの花が咲き乱れる、イギリス独自の庭の形式ができる以前の庭であると意識して鑑賞すると、とても興味深く感じます。またここにかけられていたタペストリーの花モチーフが、イギリスの陶磁器ブランド‘Minton(ミントン)’のハドンホールシリーズの元となった事でも有名です。ロンドンから北に車で3〜4時間と、ちょっと距離がありますが、イギリスの庭の始まりを感じられる絶好の名所です。

もう一つの古い庭「ハム・ハウス」

Photo/CapturesFionar/Shutterstock.com

ここも17世紀の前半に建てられたカントリーハウスが当時のままに残っている数少ない場所の一つです。ロンドン市内からそれほど離れていない高級住宅地で、多くの著名人達が住んでいる事でもよく知られているリッチモンドにあります。屋敷の正面中央に立つと、建物も植栽も見事なまでに左右対称に配置されています。

Photo/Kiev.Victor/Shutterstock.com

建物の反対側には整形式の庭園があります。ここはガラス温室が出来る前に普及していた防寒用の部屋である「オランジェリー」が当時のまま残っています。ちなみに、大きなガラス温室が世界で最初に出来たのは、ロンドン郊外にある「キュー・ガーデン」だといわれています。

Photo/Dun.can

建物の横にはラベンダーが列植されたイタリア式庭園があります。

ここもハドン・ホールと同様に、イギリスの庭が色とりどりの花で彩られる以前につくられた庭なので、ちょっと物足りないかもしれませんが、当時のままを頑なに守るイギリスらしさを感じさせてくれます。

今回の2つの庭は、大陸からの影響(模倣)そのものであると言ってもいいでしょう。しかしイギリス人にはあまりにも人工的な左右対称に違和感があったのか、その後徐々に崩れていきます。しかしそれはずっとあとの事。話しは飛びますが、日本も最初は中国から左右対称の律令制を導入するのですが、独自の文化が花開く平安時代になるとそれが崩れていきます。平らなフランスと中国、起伏に富むイギリスと日本。大陸と島国、お互い世界でまれに見る独自の庭文化を育んだイギリスと日本には、大変興味深いものがあります。庭の歴史を探っていく過程で、なぜイギリスと日本だけが、庭文化が今も進化し続けているかを考えてみたいと思います。

あわせて読みたい

世界のガーデンを探る旅1 スペイン「アルハンブラ宮殿」

世界のガーデンを探る旅12 イギリス「ペンズハースト・プレイス・アンド・ガーデンズ」の庭

Credit

文/二宮孝嗣
長野県飯田市「セイセイナーセリー」代表で造園芸家。静岡大学農学部園芸科を卒業後、千葉大学園芸学部大学院を修了。ドイツ、イギリス、オランダ、ベルギー、バクダットなど世界各地で研修したのち、宿根草・山野草・盆栽を栽培するかたわら、世界各地で庭園をデザインする。1995年BALI(英国造園協会)年間ベストデザイン賞日本人初受賞、1996年にイギリスのチェルシーフラワーショーで日本人初のゴールドメダルを受賞その他ニュージーランド、オーストラリア、シンガポール各地のフラワーショウなど受賞歴多数。近著に『美しい花言葉・花図鑑-彩と物語を楽しむ』(ナツメ社)。

Print Friendly, PDF & Email