マンションの最上階、25㎡のバルコニーがある住まいに移って26年。最初は何もなかった空間を、自らバラで埋め尽くされる場所へと変えたのは、写真家の松本路子さん。「開花や果物の収穫の瞬間のときめき、苦も楽も彩りとなる折々の庭仕事」を綴る松本路子さんのガーデン・ストーリー。

Print Friendly, PDF & Email

8月のバルコニーで思うこと

盛夏のバルコニーでも、バラはすこしずつだが開花を続けている。9月に入ったら木バラの軽い剪定を行い、肥料を施して秋バラの開花に備える予定。あまりまめに手入れをしない私だが、いくつかの外せない庭仕事は、心に留めている。

四季咲きのバラは1月から3月の休眠期を除いてほぼ1年中、その花姿を楽しませてくれるのだ。

夏の収穫その1「ゴーヤ」

東に面したバルコニーでは、バラ以外の植物の生育が盛んだ。例年寝室の日除け用に植えるゴーヤは、つるを這わせ葉を繁らせる。初めてゴーヤを植えた年、枝に突然真っ赤な物体を発見した時は「何が起こったのか」と目を見張った。実が完熟し破裂して、タネがあらわになっただけだと分かったが、ゴーヤの青い実しか知らない身には強烈な印象だった。

収穫期をのがした実の赤いタネはこぼれ落ち、翌年発芽して、その生命力にも驚かされた。熟した黄色い実もタネの周りのゼリー状の部分も食用になると聞いたが、なんだか気おくれして、まだ試してはいない。

夏の収穫その2「パッションフルーツ」

子どもの頃、伊豆の熱帯植物園の敷地内で育った私にとって、パッションフルーツは最高のおやつだった。国内ではまだ栽培化されていない時代で、実験的につくられていた。当時は“果物時計草”と呼ばれていた。

雄しべが時計の針に似ており、その花の形から時計草と名付けられた。パッションフルーツという名を知ってからは、長い間パッションは「情熱」だと思っていた。だがある時、パッションはキリストの受難を意味すると知った。

十字架や釘のほかに、花弁にも象徴する意味があるという。それからはトロピカルな花の形がなんだか別の顔を持って現れたような気がする。

実は初め青く、やがて紫色に色づくと食べごろの合図。表面が少ししわしわになれば、完熟の証だ。実を2つに割って、スプーンでタネごとすくって食する。その甘酸っぱい味は、伊豆で過ごした子ども時代の記憶を呼び覚ます。幼い頃は母がガーゼで絞り、ジュースにするのをじっと待っていた。

夏の収穫その3「ストロベリー・グアバ」

これも子どもの頃の思い出の味。植物園ではこの木がいたる所に路地植えされていたので、毎日口いっぱいにその実をほおばって歩いた。今バルコニーでは、2mほどのストロベリー・グアバの木が3本育っている。1本は父の庭から挿し木した苗で、2本は自宅近くの花屋で7年前に手に入れたもの。花屋の店先で見つけた時には信じがたい思いだった。植物園でしか見たことがなかったが、今はどこかで栽培、商品化されているのだろう。

グアバといってもその実は2㎝ほどの小粒で、青から黄色くなると食べ頃だ。南国の果物特有の濃厚な甘さが口の中に広がる。味の記憶は鮮明だが、その花を見たのはバルコニーが最初だった。たぶんどこかで見ていたのだろうが覚えていなかったのだ。白い花が一斉に開いたときは、ちょっとした感動だった。

ハワイでは赤い実が一般的で、黄色はイエロー・ストロベリー・グアバと呼ばれているらしい。

こうした収穫は、バルコニーでの鉢植え栽培なので、ほんの少し、数えるほどの量に過ぎない。だが居室から手を伸ばせば届くところで、花が開き、小さな実が育っていくのを見るのは、ベランダ園芸の醍醐味のひとつではないか、と思えるのだ。

Credit

写真&文/松本路子
写真家・エッセイスト。世界各地のアーティストの肖像を中心とする写真集『Portraits 女性アーティストの肖像』などのほか、『晴れたらバラ日和』『ヨーロッパ バラの名前をめぐる旅』『日本のバラ』『東京 桜100花』などのフォト&エッセイ集を出版。バルコニーでの庭仕事のほか、各地の庭巡りを楽しんでいる。2018年現在は、造形作家ニキ・ド・サンファルのアートフィルムを監督・制作中。

Print Friendly, PDF & Email