気に入った植物を1鉢、2鉢と集めながら鉢植えコレクションを増やしていくうちに、いつの間にかガーデニングにはまってしまう! ガーデニング初心者さんにもオススメの一鉢から育てる「寄せ鉢」ガーデニングの楽しみ方をご紹介。ガーデニングの本場、イギリスで見つけた、鉢植えだけのおしゃれなガーデニング・シーンを参考に、さあ、ガーデニングにチャレンジしよう!

地植えスペースがなくてもできる「寄せ鉢」ガーデニング

砂利敷きの空き地を利用して、大中小の鉢を並べたコーナー。竹を組んだ行燈仕立てがアクセントになっています。

土を掘り起こして植物を植える場所がある人も、そうでない人も、誰でも始めることができるのが鉢植えです。例えば、地面がタイルなどで覆われたテラスやベランダ、玄関周り、舗装された場所など、どんな場所でも置くだけで植物が育つスペースになります。どこに花壇をつくるとしっくりくるかがわからずに、庭づくりが進まないという人にも、まずは鉢植えを集合させて様子を見るのにも、寄せ鉢ガーデニングは役立ちます。

大中小とサイズがバラバラな多肉植物も、コレクションが増えていけば見応えのあるコーナーになります。切り株を台にして、高低差をつけるのもアイデア。

鉢の数も1つからスタートして、2つ、3つと増やしながら組み合わせを楽しみ、置き方をいつでも自由にできるのも鉢植えの利点です。もし、花の旬が過ぎてしまった鉢植えや調子がよくない株は、移動して次の旬までバックヤード(植物を養生させておく控え室のような場所)で、次の最盛期が来るまで養生しておくこともできます。

季節によって日当たりが変わる環境ならば、日が当たる場所に移動したり、暑さから避けるために、夏だけは日陰に移動するなど、臨機応変に対応できるのも鉢植えの魅力です。

このほかにも寄せ鉢の利点はいろいろあります。『一鉢の鉢植えから始める「寄せ鉢」ガーデニング』もご覧ください。

寄せ鉢ガーデニングを一鉢からスタート

何も育てていなかった角地に、ひと鉢置くだけで、風を感じる場所になります。大きな鉢に植えておけば、真夏以外は水やりの頻度は少なくすみ、手間もさほどかかりません。地植えにすると思いがけない場所に根がはびこってしまう竹も、鉢植えで育てれば、コンパクトに育ち、高さやボリューム、奥行き感が出て、モダンな空間になります。

ひと鉢の竹を上手に育てられる自信がついてきたら、モミジ、シダ、フウチソウ、ヒマラヤユキノシタ、ヒューケラ、ティアレラを少しずつコレクションしていけば、こんな高低差のあるダイナミックな植物空間が完成します。夏場の水切れだけはしないように気をつけたら、葉のバリエーションを眺めて楽しい空間に。

隣家との区切りになっているグレイのブロック塀も、明るい色にペイントして、大小の鉢植えを集めたら瑞々しいコーナーになります。家の周辺に物置になっているだけなどのデッドスペースがあったら、真似してみたい好例です。

店先に緑をプラスしてトレンド感アップ

寄せ鉢ガーデニングは、自宅の庭だけでなく、お店のイメージアップにも役立ちます。イギリスでみつけた寄せ鉢ガーデニングの例では、円錐形に整えたツゲのトピアリーを2種ブリキ缶に植え、その間に緑のシダ類や銅葉の西洋ニワトコ、グラス類を配置して、シックなグリーンを演出。白枠の窓に引き立って、今っぽさを感じます。

寄せ鉢空間を引いて見ると、軒先につる植物が茂り、重厚な建物にみずみずしさがプラスされていました。どんなお店なのか、植物につられて中に入ってみたくなる効果があります。

アルミ製の大きな缶に、藤で編まれたオベリスクを入れ、クレマチスやトケイソウ、ブーゲンビリアやマンデビラなどのつる植物を育てたら、テラスのアクセントになります。花が咲いていない時期でも、緑が茂るオベリスクがあるのとないとのでは、景色が一変。

蜂蜜色の外壁にマッチするパステルカラーの寄せ鉢

ほぼ同じサイズのテラコッタ鉢をいくつも並べて、可愛い雰囲気の寄せ鉢ガーデニングの例です。

公道に面して、家と道との間に地植えの花壇がつくれない場所でも、花台を置いて、ずらりと鉢植えを並べれば、かわいい花咲くスペースになります。

2段、3段と段差がある花台なら立体感が出て、風通しもよく、各鉢にしっかり日が当たります。寄せ鉢なのにまとまって見えるポイントは、鉢の素材を揃えて、花色を2色に絞っていること。紫花のキャットミントやサルビア・ネモローサ、ピンク花のバーバスカムやレースフラワーが混ざり咲いて、鉢植えだけでつくったとは思えないナチュラルなコーナーです。

いつもの風景に、鉢植えを置いてイメージチェンジ

すでにガーデニングを楽しんでいる人も、ちょっとマンネリ気味の景色を変えるのに寄せ鉢は活躍します。既存の樹木の株元など、特に日々の変化が少なくて見飽きてしまった場所に、寄せ植え鉢や花咲く鉢植えを添えてみるだけで、印象が変わりますよ。ひと鉢、ふた鉢と置いてみたら、もしかしてこの場所にはこんな色が似合うかも? 新しいコーナーづくりのアイデアを思いついたり、新しい一歩が見えてくるかも。

鉢植えを活用してみることで、ガーデニングの腕が上がったり、景色が変わったりと、暮らしを豊かにするお手伝いをしてくれますよ。

Credit

写真&文/3and garden

ガーデニングに精通した女性編集者で構成する編集プロダクション。ガーデニング・植物そのものの魅力に加え、女性ならではの視点で花・緑に関連するあらゆる暮らしの楽しみを取材し紹介。「3and garden」の3は植物が健やかに育つために必要な「光」「水」「土」。