春以降、繰り返し開花する二番花や三番花のバラ。一度にたくさん咲かず、花瓶に活けるほどの量がないならば、ドライフラワーに挑戦してみませんか? シリカゲルを使って約1週間で完成する、失敗しないドライフラワーづくりのプロセスをご紹介します。

バラを採取する前に準備するもの

まずは、庭やベランダでバラが開花したら、すぐドライにできるよう、蓋つきの容器にシリカゲル(ドライフラワー用の乾燥剤1㎏ 700円前後)を入れて準備しておきましょう。あとは、水分を吸わせたりハサミを拭き取るためのキッチンペーパーがあると便利です。

シリカゲルでつくるドライフラワーには、開き始めて1〜2日程度の花がベスト。雨風が強く、花が傷みそうなお天気の時は、少し開いたらすぐ花瓶に活けて室内でタイミングをはかるとよいでしょう。

ドライフラワーをつくる手順

花のすぐ下で茎を切り取ったら、花についた水滴を吸わせるためにキッチンペーパーの上に並べます。

花茎を切っている間や、置いたときに花びらが外れてしまうと、花の形を保ったままドライにできません。でも、花びらだけでドライにするのも一つの方法です。

次に、シリカゲルを入れた容器にバラを一輪ずつ埋めていきます。まず、スプーンなどでくぼみをつくってバラを置いたら、周りのシリカゲルをすくって花びらの中に粒が入り込むようにかけていきます。

花が重ならないように意識しながら一つずつ埋め終わったら、花びらの隙間にシリカゲルが入るように器を軽く揺すって表面を平らにします。

表面に花が飛び出ている所にはシリカゲルをかけて、しっかり埋まるようにしたら作業は完了です。

蓋をしたら、最後に作業した日から1週間後の日付を書いたメモを貼っておけば、取り出し日を忘れませんよ。

シリカゲルの中からバラを取り出す

シリカゲルに花を埋めてから1週間が経過しました。さて、どんな仕上がりか。蓋を開けて器を少し傾けてみると、中から花びらが見えてきます。

スプーンなどを使って掘り出してみましょう。花の形が崩れないように、箸などで新聞紙の上にいったん取り出します。

取り出した段階で花が崩れてしまうことも。シリカゲルに入れた時、咲き進んでいると花形が崩れやすいので、開花したら早めにつくるときれいに仕上がります。

ドライフラワーを飾ってみよう

新聞紙などの上で花を軽く振ったり、トントンと軽く叩いて、花びらの間に入り込んでいるシリカゲルを落とします。夏から秋は特に室内の湿気を吸って傷むのが早いので、ガラスの瓶やシャーレなどの密閉できる容器に入れるのがオススメです。

花が崩れてしまっても、花びらを集めて器に入れ、色の変化を楽しみましょう。生花とは違う、ちょっとシックな色が美しく、バラの新しい魅力を発見できますよ。

写真右は、ドライにしてすぐの花。左は、ガラスの容器に入れて約半年が経過。花色が少しずつあせていきますが、繊細な花びらの雰囲気を長く楽しむことができます。

シリカゲルの再生方法

ドライフラワー用の乾燥剤は、何度か使っているうちに水分を吸収してピンク色になります。このままでは乾燥させるスピードが鈍るので、加熱して再生させましょう。

まず、中華鍋やフライパンを用意したら、ザルにシリカゲルをあけて、中に残っている花びらやゴミなどを取り除きます。

シリカゲルを入れたフライパンをコンロにかけ、弱火から中火で加熱しながら、よく混ぜていきます。底面ほど熱が伝わり乾燥するので、よく撹拌しましょう。根気よく10〜15分続けていると水分が蒸発して、使い始めた時の青色に変わったら再生完了。すぐに使わない場合は、密封袋などに保管しておくとよいでしょう

一度やってみると、とても簡単にドライフラワーができるボタニカルクラフト。ぜひ、いろんな植物でチャレンジしてみましょう!

バラのほか、桜をドライフラワーにした記事『ボタニカルクラフト シリカゲルでつくる桜のドライフラワー』や、『ドライフラワーを作ろう! 適した花6選と作り方のポイント』も参考にしてください。

Credit

写真&文/3and garden
ガーデニングに精通した女性編集者で構成する編集プロダクション。ガーデニング・植物そのものの魅力に加え、女性ならではの視点で花・緑に関連するあらゆる暮らしの楽しみを取材し紹介。「3and garden」の3は植物が健やかに育つために必要な「光」「水」「土」。