これまで長年、素敵な庭があると聞けばカメラを抱えて、北へ南へ出向いてきたカメラマンの今井秀治さん。カメラを向ける対象は、公共の庭から個人の庭、珍しい植物まで、全国各地でさまざまな感動の一瞬を捉えてきました。そんな今井カメラマンがお届けするガーデン訪問記。第8回は福島の個人邸、小泉真由美さんの庭です。

Print Friendly, PDF & Email
咲いていれば必ず撮影したくなる名花、イングリッシュローズの‘グラハム・トーマス’。

今回紹介するのは、前回ご紹介した大須賀由美子さんのお友達である、小泉真由美さんの、とっても緑の美しい、大人でシックな庭です。僕が最初に福島県郡山市にある小泉さんの庭に伺ったのは2005年のことでした。この年は、『バラ大百科』(上田善弘・河合伸志監修/NHK出版刊)という本格的な図鑑の制作に関わっていたため、僕もとても忙しい年だったと記憶しています。

足元から頭上まで、多種の緑に包まれる小泉さんの庭。何種類の緑色がここにはあるのだろうか。

その時の撮影スケジュールといえば、5月はじめに「広島バラ園」の撮影から始まり、福山の次は岡山へとバラの庭を次々と撮影し、翌週には東京周辺の撮影を済ませたら、6月に北関東や長野、仙台と撮影は続きました。

おしゃれなスイートピー‘マツカナ’(左)と、アリウム・クリストフィー。

当時、仙台のオープンガーデンはきれいな庭がたくさんあることで話題になっていたので、僕も何度も撮影に伺って、何軒も素敵な庭を撮影させていただきました。撮影の間にお世話になった「オープンガーデンみやぎ」の代表の大森さんから、郡山にも素敵なお庭がありますよ、と紹介していただいたのが、今回の小泉さんの庭でした。

ご主人のプロ並みの道具が収納されている仕事小屋の付近。ライムグリーンのアカシアの木が輝いている。

小泉さんの庭は、あの頃よく撮影に訪れたバラを中心にした庭とは少し違っていて、ジギタリスやホスタが美しい、宿根草が植わり、イングリッシュローズなど何種類ものバラがバランスよく入っている、落ち着いた印象のデザインでした。フェンスやパーゴラなどの構造物は、すべてご主人のお手製というのも魅力的でした。

穂が虹色に輝くグラス類のホルデューム・ジュバタム。宿根草の庭には欠かせない。

庭に入ってすぐの左側にある花壇の白いバラと、すっと立った何本もの白いジギタリスのコラボレーションがあまりにも美しかったので、何度もアングルを変えながら夢中で撮影したことを今でも覚えています。

庭の奥から入り口の方向を向いて撮影。真西になるため、夕陽が沈んだ瞬間にシャッターを切った。光が柔らかく植物を引き立てている。

あれからもう13年が経ちますが、これまでも取材で何回も伺っています。小泉さんの庭は、訪れる度にどこかが変わっていて、少しずつ小泉さんらしい庭になっていっているような気がしていました。

たくさん蕾をつけたランブラーローズ‘ローラ・ダボー’。本当に可愛い。

小泉さんは庭づくりを始めた頃、東北にもオープンガーデンがあることを知って、「オープンガーデンみやぎ」に入会していたことがあるそうです。「オープンガーデンみやぎ」の皆さんの、バラと草花の素敵な庭を見せていただいて感動した小泉さんは、一番多い時には200品種のバラを育てていたそうです。

濃紫の美しい色彩が魅力のつるバラ‘パルフェ・タムール’。

僕が初めてお邪魔した時も、たくさんのバラと色鮮やかな草花が咲く、明るく元気な印象の庭だったと思います。それから少しずつバラを減らして、葉のきれいな植物を増やしていき、何年もかけて現在の形にたどり着いたという訳です。

白バラが覆い咲くガゼボやフェンス、イスまでもブルーに統一されて、庭のブルーの花と呼応しているようだ。

庭の撮影に伺い、一通り撮り終わると、いつも美味しいお茶にお菓子のしばしのティータイムになりますが、そんな時も小泉さんの口からは「どこか気になる所はありませんか?」とか「オススメのガーデンがあったら教えてください」と、話題に上るのは、庭のことばかりでした。

うつむいて咲くクレマチス‘エトワール・ローズ’。

何年か前、僕がクレマチスの取材で忙しい頃に「クレマチスもきれいですよね」と言ったことがありましたが、今は小泉さんの庭のあちこちで、どの花も撮影したくなってしまうくらい可愛いクレマチスが咲いています。

緩やかにカーブを描く小道を何度も往復して撮影ポイントを探したことを思い出す。

この原稿を書くにあたって、小泉さんにいくつか質問をさせていただきましたが、「好きなガーデンは?」という質問には、「イギリスのベス・チャトー・ガーデンが計算されているのを感じさせないから好きです」というお答えでした。さらに「理想の庭は?」と質問してみると、「季節を感じつつ、草花がお互いを引き立てあって調和する庭。草花も家族もホッとできる居心地のよい庭」と小泉さん。

たくさんの宿根草の花たちが調和し引き立て合う、宿根草の庭のお手本のようなコーナー。

ガーデニングのベテランである方の目指すところは、やっぱり居心地のよい庭なのですね。そして、小泉さんの目指す、その居心地のよい庭づくりは、まだまだ続くとのことでした。

Credit

写真&文/今井秀治
バラ写真家。開花に合わせて全国各地を飛び回り、バラが最も美しい姿に咲くときを素直にとらえて表現。庭園撮影、クレマチス、クリスマスローズ撮影など園芸雑誌を中心に活躍。主婦の友社から毎年発売する『ローズカレンダー』も好評。

Print Friendly, PDF & Email