四季がはっきり変化する日本には、豊かな自然と幅広い植物群、そして花を美しく咲かせる技術力があり、海外からも注目されているガーデンがたくさんあります。全国各地で育まれ、訪れる人々を感動させる花咲く数々のスポット。人生で一度は訪れてほしい観光ガーデンへご案内します。

Print Friendly, PDF & Email

「河口湖オルゴールの森美術館」は、中世ヨーロッパの王侯貴族が愛したオルゴールの世界を楽しんでもらおうと、「王侯貴族が住んでいる」というコンセプトのもと、1999年にオープンしたオルゴールミュージアムです。2003年にはオールドローズを中心とした庭がつくられ、さらに05年には「王妃が庭の片隅につくった、バラを楽しむためのプライベートガーデン」をテーマに、本格的なガーデンが誕生。ローズガーデンのデザインは、ガーデンデザイナーの保立美智子さんが監修し、バラの品種は中田邦子薔薇研究所の中田邦子さんがセレクトしました。

富士山を望む河口湖畔という立地から、このガーデンは日本の風土、風景に溶け込む「自然風景式庭園」を目指しており、自然樹木の間にバラがのびやかに調和する景色を堪能できます。

希少な原種のバラやオールドローズが息づく
中世をイメージさせるローズガーデン

2万3176㎡の敷地を抱く「河口湖オルゴールの森美術館」は、庭園の散策は20〜30分で一巡でき、コンサート鑑賞、お買い物と合わせて2〜3時間の観光が楽しめます。

バラは約720品種1,200株が植栽され、一番の見頃は6月上旬〜中旬。庭園内は「オールドローズエリア」「モダンローズエリア」「フレンチローズエリア」「音楽関連の名前がついたバラを集めたエリア」とテーマによってゾーニングされています。特に「中世王侯貴族が愛し守ったオールドローズ」のコーナーは、数多くの原種のバラやオールドローズが集められており、希少品種も多く見応えがあります。

ガーデン内では視界を遮るアーチを多用し、空間を仕切って場面転換をはかっています。オベリスクは園内に12基。シンメトリーに配してバラ2品種を仕立てており、その組み合わせ術は自邸の庭へのヒントになりそうです。

年間28万人が訪れる「河口湖オルゴールの森美術館」では、オルゴールミュージアムはもちろんのこと、ガーデンのファンも。「手入れが行き届いている」と評判で、リピーターが多く訪れています。

園内には高さ280㎝×幅255㎝のアーチがいくつも設けられ、バラ‘夢乙女’、‘バレリーナ’、‘コーネリア’、‘パーペチュアル・ユアーズ’などを仕立てています。

バラの季節以外も、春はスイセンに始まり、コブシ、ユキヤナギ、シャクナゲ、カリン、アジサイ、サルスベリ、クリスマスローズなどが開花リレーを見せ、四季を通して花で彩られるナチュラルガーデンを観賞できます。

ペット同伴は不可(小型犬なら預かり可)、館内禁煙、飲食物の持ち込みは不可となっているので、マナーを守って利用しましょう。

ガーデンの散策とともに
中世の贅沢な自動演奏楽器&オートマタを楽しもう

「河口湖オルゴールの森美術館」の真骨頂、ミュージアムのオルゴールやオートマタ(自動人形)の見学も、ぜひ楽しみましょう。一日7回の実演コンサートが行われているので、約100年前の人々の心を癒した音色を実際に聴いてみてはいかがでしょうか。デジタルでいつでもどこでも音楽を再生することができる現代にあって、音楽をいつでも聴けることは贅沢の極みだった時代の荘厳な音色に、心を打たれること間違いありません。

豪華客船タイタニックに搭載予定だった自動演奏楽器に合わせて、オペラ歌手が歌うコンサートなど、趣向を凝らしたイベントを楽しめます。

雄大な富士山を望みながらのランチは格別!
ミュージアムショップでのお買い物も楽しもう

「河口湖オルゴールの森美術館」内には、レストランが併設されています。「森のレストラン」の営業時間は11:00〜15:00(ラストオーダー14:30)、客席は80席あります。ランチの価格は2,000円前後。地元の旬の食材を使ったコース料理「季節のスペシャルランチ」2,300円、郷土料理のほうとうを西洋風にアレンジした「西洋ほうとう」1,500円がオススメです。

富士山を望む絶景のもと、おしゃべりに花を咲かせながら、ティータイムを楽しむのもいいですね。ケーキセットは950円。数種の中からお好みのケーキをセレクトでき、ドリンクはコーヒーまたは紅茶がつきます。

「河口湖オルゴールの森美術館」では、お土産コーナーももちろん充実していますよ。ミュージアムショップの営業時間は9:30〜18:30。オルゴール、ワイン、アクセサリー、食品などが人気です。品揃えの主な価格帯は1,000円〜。

最後に、「河口湖オルゴールの森美術館」でしか買えない、オリジナルチョコレートをご紹介しましょう。ト音記号の形が愛らしいチョコレートは、ミルク、ビター、ホワイトの3種類が揃います。単品で616円、アソートで1,029円。ぜひお土産にどうぞ。

Information

河口湖オルゴールの森美術館

所在地:山梨県南都留郡富士河口湖町河口3077-20
TEL:0555-20-4111
https://kawaguchikomusicforest.jp

アクセス:公共交通機関/富士急行線河口湖駅よりタクシーで約16分、または河口湖周遊レトロバス「オルゴールの森美術館」下車すぐ
車/中央道河口I.Cより国道137号線約15分

オープン期間:通年

休館日:2019年1月21日〜25日、2月28日 ※臨時休館の場合あり

営業時間:9:30〜18:00(最終入館17:00) ※夏期9:00〜18:00(最終入館17:30)、冬期9:30〜17:30(最終入館17:00)など、季節によって変動あり

料金:大人1,500円、大高生1,100、小中学生800円

駐車場:300台(無料)

Credit

取材&文/長田節子
ガーデニング、インテリア、ハウジングを中心に、ライフスタイル分野を得意とするライター、エディター。1994年より約10年の編集プロダクション勤務を経て、独立しフリーランスで活動。特にガーデニング分野が好きで、自身でも小さなベランダでバラ6姉妹と季節の草花を育てています。草花や木の名前を覚えると、道端で咲いている姿を見て、お友達にばったり会って親しく挨拶するような気分になれるのが醍醐味ですね。
https://twitter.com/passion_oranges/

Print Friendly, PDF & Email