東京・東久留米に2018年春にオープンした市民の庭「タネニハ」。ここは、12代続く農家が中心となってスタートさせた、花の生産者と人々をつなぐ憩いの場です。写真家でエッセイストの松本路子さんが、ガーデンの現場をレポートします。

花の生産農家が育てる「タネニハ」の庭

タネニハから見た小麦畑。

小麦の青い穂が初夏の風にそよいでいる。その広大な小麦畑の一角に、市民のための憩いの庭、タネニハが2017年秋のプレ・オープンを経て、2018年3月正式にオープンした。東京の多摩地区東部、東久留米市にある花の生産農家、秋田緑花農園の秋田茂良さんが3年前に企画し、自ら基本設計した庭だ。

タネニハの入り口では、真っ赤なゼラニウムと小学生の息子さんが描いた看板がお出迎え。

400㎡の敷地内には農園で生産された花苗や多摩地区に自生している野草など、多彩な植物が植えられている。タネニハという名前の「ニハ」は、古語で場を意味する。人と人、人と植物が出会い、さまざまな種が育ってほしいという思いを込めて名づけられた。

ガーデンの奥にある栽培用のハウスでは、ヒューケラの苗が健やかに生育中。

秋田緑花農園のある一帯は、約300年前、江戸時代の半ばに開拓された農地で、秋田さんは農家の12代目にあたる。小麦やさつま芋畑は主に父親の貞夫さんが担当し、秋田さんは17年前から本格的に温室での花卉栽培を始めた。

極小ビオラ「多摩の星空」。

温室ではゼラニウム、ビオラ、ヒューケラなどのポット苗が並び、中でも農園で育種し、第66回関東東海花の博覧会で金賞を受賞した極小ビオラ「多摩の星空」がひときわ可憐な姿を見せていた。

12代続く農家ならではの庭づくりを模索

「タネニハ」の思いを語ってくれた秋田緑花農園の秋田茂良さん。

秋田さんは小学生の頃、作文に「街を緑でいっぱいにしたい」と書いたが、その思いを強くしたのは2011年の東日本大震災がきっかけだった。その年の7月から3年間、ヒマワリなどの苗を届け、被災した多くの人に喜ばれた。花によって人々の心が和らぐのを目の当たりにして、改めて植物の持つ癒しの力を教えられたという。

散歩中の犬も、ふかふかの芝生を楽しげに歩く。
木陰が気持ちいいナチュラルスタイルの庭の一角。訪れた5月中旬には、ジューンベリーが赤い実をつけていた。

そうした経験から「誰もが訪れて庭いじりに参加ができ、のんびりと散策できる。花農家ならではの庭をつくりたい」と思い立ったのが、タネニハ誕生の物語だ。農園のスタッフや友人のガーデナーたちに、多くの市民ボランティアが加わり、園内にある自宅付近の木々を移植。芝生の庭を囲むように季節の花々が植栽された。

湧水池をイメージしてつくられた手づくりの池。

東久留米は「平成の水100選」に選ばれた南沢湧水のある地で、その湧水池をイメージした池も設置された。農園やタネニハの水やりも、地下深くから汲み上げた豊富な地下水を利用しており、丈夫な植物が育つ一因になっている。

直売コーナーからの風景。

花農家は卸売りが中心だが、タネニハの前には直売コーナーが設けられた。自転車や車で通りかかった人たちが、鮮やかなゼラニウムの色に誘われるように足をとめ、時間をかけて花苗を選んでいく。

タネニハ前の直売コーナー。

庭は人をつなぎ、新しい街の形を創造していく

無農薬で育てられた小麦を使った「プチ・フール」の天然酵母のパンはとても美味しかった!

植物の寄せ植えや、ハボタンの苗などを使ったリースづくり、またヒンメリ(麦のストロー・アート)づくりなどのワークショップも共催。農園の無農薬の小麦粉で、天然酵母のパンづくりをしているプチ・フールの宮沢ロミさんをはじめとして、東久留米の地域の仲間とのネットワークも充実し、公園でのマルシェ開催や、アートプロジェクトの実現などにも取り組んでいる。

取材にうかがった日は最高のお天気。通りがかりの方々がふらりと立ち寄り、くつろいでいるのが印象的だった。

「街と社会は人でつくられている。花から生まれた人との関係が広がってくれたら嬉しい」と語る秋田さん。タネニハの芝生に寝転んで空を見上げていると「武蔵野の自然の中にいる」そんな心地よさに包まれる庭だ。

Information

タネニハ(taneniwa)

所在地:東京都東久留米市南町2-3-19
TEL:042-452-3287(受付8:00〜17:00)
Blog: http://blog.kaobana.com/
Email:info@kaobana.com

アクセス:公共交通機関/西武池袋線「ひばりヶ丘駅」または西武新宿線「田無駅」からバスで「イオンモール東久留米南下車」徒歩約10分。
車/「イオンモール東久留米」を目指し、所沢街道「南町4丁目交差点」から約600m。

オープン期間:火~土曜日、12:00〜16:30

閉園:日・月曜日、雨天・荒天日

季節閉園:1〜2月、7〜8月

Credit

写真&文/松本路子
写真家・エッセイスト。世界各地のアーティストの肖像を中心とする写真集『Portraits 女性アーティストの肖像』などのほか、『晴れたらバラ日和』『ヨーロッパ バラの名前をめぐる旅』『日本のバラ』『東京 桜100花』などのフォト&エッセイ集を出版。バルコニーでの庭仕事のほか、各地の庭巡りを楽しんでいる。2018年現在は、造形作家ニキ・ド・サンファルのアートフィルムを監督・制作中。