咲かせて、眺めて、飾って嬉しい、花のある暮らしにオススメの植物と飾り方アイデアを、小さな庭のある暮らしを楽しむ前田満見さんがご紹介。自宅の30坪の庭に咲く数ある花たちの中から、部屋の中からも眺めたいクレマチスをご紹介します。

Print Friendly, PDF & Email

自由奔放に伸びるしなやかなつると、美しい花が魅力のクレマチス。「つる性植物の女王」と呼ばれるほど種類もたくさんあるので、どの品種をどう仕立てるか迷いますね。

そこで今回は、わが家の小さな庭に咲くクレマチスを少しご紹介したいと思います。

バラと開花時期が同じクレマチス(フロリダ系・インテグリフォリア系)で華やかに

5月初旬に咲き始める‘カーディナル・ドゥ・リシュリュー’は、赤紫から灰色を帯びた青紫へと移ろうオールドローズ。このバラと一緒にフェンスに誘引しているクレマチスは、白い花びらと花心のコントラストが美しい‘ビエネッタ’です。このクレマチスを選んだ理由は3つ。まず1つめは、バラと開花時期が同じこと。2つめは、房咲きのバラとバランスのとれた中輪多花性。3つめが、バラの花と花芯の色が同調していることです。

‘カーディナル・ドゥ・リシュリュー’(右上)と‘ビエネッタ’。

さらに‘ビエネッタ’は、白い花びらが散った後も赤紫色の花心が残り、ポンポン菊のような風情も楽しめます。観賞時期が長く、オールドローズをより華やかに演出してくれる名脇役です。

そして、ガーデンシェッドの小窓には、つるバラ‘ギスレヌ・ドゥ・フェリゴンドゥ’とクレマチス‘ビクターヒューゴ’を誘引しています。半つる性でほどよく小窓に絡まり、誘引も楽です。深い青紫と黒褐色の花心、細く整ったシックな花は、つるバラのアプリコットから、白色の柔らかなグラデーションの花びらとの対比が美しく、落ち着いた大人っぽい雰囲気を醸し出しています。

半日陰の庭には白花のクレマチス(フロリダ系)

‘白万重’

北東の庭は、午前中しか日が当たらない半日陰の場所です。ここには、うっすらと黄緑色を帯びた‘白万重’を植えています。クレマチスは日当たりを好む植物ですが、意外にも‘白万重’は半日陰でも生育旺盛。ユスラウメの枝に上手に絡み、下草のギボウシやシダ、クリスマスローズの瑞々しい緑にもよく映えます。

また、庭の入り口に誘引しているスタージャスミンとの白花の競演もとても爽やか。ジャスミンの甘い香りと共に、庭へと優しく誘います。

窓辺を彩る可憐なベル型のクレマチス(ビチセラ系、テキセンシス&ビオルナ系)

‘天使の首飾り’

ビチセラ系とビオルナ系のクレマチスは、わたしの一番好きな品種です。その特徴は、小輪多花性の四季咲きで、夏の暑さにも強く生育旺盛。さらに、この品種ならではのベル型やチューリップ型の可愛らしい花がたくさんあります。どれにしようかと迷った末にわが家に迎えたのが、ビチセラ系の‘エトワールローズ’、‘ベティーコーニング’、ビオルナ系の‘天使の首飾り’、テキセンシス系の‘カイウ’です。

‘エトワールローズ’

ピンク色でベル型の‘エトワールローズ’と‘天使の首飾り’は鉢植えですが、つるがグングン伸びるので誘引してダイニングの窓辺に。ピンク色の濃淡の花が風に揺れる度に、「チリンチリン」と心地よい音を奏でてくれるようです。そんな愛らしい花を、キッチンに立っている時や食事をしながらふと目にするだけで、気分も明るくなります。

‘カイウ’

もう一つ、ダイニングの窓から見える場所に植えているのが‘カイウ’。小指の先ほどしかない、小さな小さなクレマチスです。この品種の中で唯一の白花ですが、あまりに小さくて目立たないので、つぼみを見つけたら毎日のように窓からチェック。まるで末っ子の成長を見守る母親の気分で、今か今かと一番花の開花を待ちます。

ようやく開花した白いベル型の花は、その想いに応えるかのように可憐で美しく、見かけによらずとても丈夫。しかも花弁が肉厚で花もちがよいので、咲き揃ったら切り花にしてより間近で愛でます。やはり末っ子は、目の中に入れても痛くないほど愛しいものです。

‘ベティーコーニング’

そして、数あるクレマチスの中で、珍しく微香を放つのが‘ベティーコーニング’。つるバラの照り葉に寄り添って咲く藤色の花は、穏やかな風情があり、ほのかな香りと相まってとても癒されます。地植えにしてからようやく3年目。年々花数も増えて、今年はさらに優しい花と香りに癒されそうです。

大輪のクレマチスは樹木に誘引してダイナミックに(パテンス系)

‘ワルシャワ・ニキ’

小さな庭で一番古株のクレマチス‘ワルシャワ・ニキ’は、かれこれ10年以上シンボルツリーのヤマボウシに絡み、毎年美しい花を咲かせてくれます。大輪でビロードの質感をもった輝きのある赤紫色の花は、とても華やか。ヤマボウシの枝にフワリと絡まる様はあまりに優雅で、つい見惚れてしまいます。どちらかというと、小輪〜中輪のクレマチスが好みですが、どっしりとした樹木にはこれくらい大輪の花の方が目立ち、アイキャッチ効果も抜群です。

数ある品種の特徴や剪定の仕方をきちんと理解しておけば、ほぼ病気や害虫の被害に遭うことなく、毎年美しい花を咲かせてくれるクレマチス。つるの誘引次第で、毎年違った景色を見せてくれます。今年はどんなドラマチックな景色を見せてくれるのでしょう。今から楽しみで仕方ありません。

Credit

写真&文/前田満見
高知県四万十市出身。マンション暮らしを経て30坪の庭がある神奈川県横浜市に在住し、ガーデニングをスタートして15年。庭では、故郷を思い出す和の植物も育てながら、生け花やリースづくりなどで季節の花を生活に取り入れ、花と緑がそばにある暮らしを楽しむ。小原流いけばな三級家元教授免許。著書に『小さな庭で季節の花あそび』(芸文社)。

Print Friendly, PDF & Email