火を使わないアロマキャンドル「ワックスバー」というのをご存じでしょうか? 精油を入れてつくることで、ほんのりいい香りも楽しめるため、インテリアとしてもオススメです。そんなアロマワックスバーのつくり方と飾り方をご紹介します!

Print Friendly, PDF & Email

アロマワックスバーってなに?

アロマワックスバーは、板状になった芯がないキャンドルです。天然100パーセントの香料・精油(エッセンシャルオイル)を混ぜてつくれば、香りも楽しめます。

そのまま置いておいたり、ドアノブや壁に掛けたりすると、インテリアアイテムにもなりますし、香りがあるので、サシェやポプリと同様に飾ってもいただけます。

「子供や動物がいて火を使うのは心配…」という方にも安心して使えるのも、魅力の一つですね。

アロマワックスバーは、つくり方も簡単。一緒につくってみましょう!

アロマワックスバーの制作に必要な材料

<材料>縦13㎝×横6㎝程度1個分

・ソイワックス 70g
・ドライフラワー 適量
・お好きな香りの精油 50滴程度
・アルミパウンドケーキ型 1個
・紙コップ 2個
・割りばし
・ストロー

まず、アロマワックスバーをつくるメインの材料は、ワックス。今回は、大豆から採れるソイワックスを使います。ソイワックスは、でき上がった時に優しい色になるのと、植物由来で安心して使える素材です。

ですが、もともと柔らかい素材のため、夏場など高温になると溶けてきてしまうこともあります。ワックスバーをつくる際には、「ハードタイプ」のソイワックスがオススメですよ。ソイワックスの他に、パラフィンワックス、ビーワックスでも同様につくれます。

ワックス類全般は、キャンドル専門店やインターネットなどで購入可能です。

それから、デコレーション用のドライフラワーをご用意ください。今回は、写真の5つを使います。お好みの色や形を探してみてくださいね。

ドライフラワーに合わせて、お好きな香りの精油を用意したら、準備完了です!

つくってみよう! アロマワックスバー

  1. 飾りのレイアウトを決めましょう。

    紙に型を写し、どこに何を配置するかを事前に考えておきます。穴をあけるスペースがあると、リボンを通して吊るすことができますよ。その際、穴をワックスバーの縁ギリギリにあけると、割れてしまう可能性もありますので、なるべく内側に配置するのがポイントです。
  2. ソイワックスを中火~弱火にかけ、溶かします。鍋がない場合には、湯せんで溶かしてください。
  3. ソイワックスが溶けたら、二重にした紙コップに一旦移し入れて、粗熱が取れるのを待ちます。
    溶けたソイワックスは高温になるので、取り扱いにはご注意くださいね。
    この後、精油を入れるのですが、精油は熱に弱いため、少々冷めてから入れるのが、香りを長持ちさせるコツです。
  4. 精油を入れます。

    お好みの精油を50滴程度入れたら、割りばしでよく混ぜます。
  5. 型に流し入れます。

    今回使用したアルミ製のパウンドケーキ型は、製菓材料店などで入手できます。シリコン型でもきれいにつくれますので、オススメです。
  6. ワックスが少し固まってきた段階で、ドライフラワーを配置し、穴の位置にストローを差し込みます。

    この際、うまく作るコツは、タイミングを見極めて手早く作業を進めること。
    ワックスが固まる時に、ドライフラワーも一緒に固めてもらいたいのですが、ここでゆっくりすると、ワックスだけが先に固まってしまい、うまく接着しないことも。できる限り手早く進めましょう!
    かといって、あまり早い段階でドライフラワーを入れると、沈んで、よく見えなくなってしまい、もったいないことに。表面にうっすらと白い膜が張ってきたくらいが、ベストタイミングの目安です!
    ドライフラワーを配置するときは、ぎゅっと押さずに、ポンと置く程度にしましょう。押すとワックスがよれてしまいます。
    穴をあけたい場所に、ストローを差し込んでおくのもお忘れなく!
  7. ワックスが完全に固まったら、型とストローを外し、リボンを通して完成です。

    下にも穴をあけておくと、タグやタッセルなどを通すこともでき、アレンジの幅が広がります。
    香りがなくなったら、新しいものと取り替えてください。

いかがでしょう、うまくつくれそうでしょうか?
1つ、2つと数を重ねることで、コツもつかめてくると思います。
お庭で採れたお花を、ドライフラワーにして使うのもステキですね。ぜひ、アロマワックスバー、作ってみてくださいね。

Credit

写真&文/堀 久恵(ほり ひさえ)

花音-kanon- 代表、ガーデンセラピーナビゲーター。

生花店勤務を経て、ガーデンデザイン・ハーブ・アロマセラピー等を学び、起業。植物のある暮らしを通じて、病気になりにくい身体を作り健康寿命を延ばすことを目指した「ガーデンセラピー」に特化した講座の企画運営と庭作りを得意とする。植物に囲まれ、日々ガーデンセラピーを実践中。埼玉県熊谷市在住。
https://kanongreen.com/

Print Friendly, PDF & Email