90年代のガーデニングブームを経て、今再び「緑のある暮らし」に熱い視線が注がれています。そのトレンドを牽引するボタニカル・インダストリーが数多く集結するのがトレードフェア。毎年、複数開催されるトレードフェアの中でも、新潟県の老舗メーカー「芳樹園」の園芸見本市は実に44回もの歴史があり、また年のはじめに最も早く開催されることから、その年の流行の最先端を見ることができます。2018年1月に開催された見本市の様子をレポートします。

Print Friendly, PDF & Email

新しい花の傾向は‘コンプレキシティー’

雪吹きすさぶ2018年1月の新潟市内、新潟朱鷺メッセで行われた「芳樹園 第44回園芸見本市」。植物はもちろん、鉢や用土、肥料、什器などを扱うボタニカル・インダストリー40社が集結し、会場内は屋外の風景とはうって変わって熱気に包まれました。まず目を引いたのは、植物類。ちょっと変わった色合いのものや面白い草姿のものが多く目につきました。

近年、新しく生まれる花の傾向は‘コンプレキシティー(複雑性)’。一つの花の中に複数の色が混ざり合っていたり、花形も複雑なものが増えています。一輪でも絵画的な見応えがあり、多くの花を取り揃えなくても十分満足できるため、スペースの限られた都会のベランダガーデンなどで重宝しそうな花々です。また、個性的なビジュアルの面白い植物も海外から導入され、選択肢はますます広がっています。

プリムラ・オブコニカ‘プリカント’。茎を20㎝ほど立ち上げてブーケのように花を咲かせるオブコニカ種。ワインレッドの花色と、スカートの裾のようにひるがえった花びらがエレガントな雰囲気。
グリーンとパープルが混ざるプリムラ・オブコニカ‘プリカント’とヒューケラを合わせたアンティークカラーの大人っぽい寄せ植え。
にじむようなブルーの花が絵画的に美しいプリムラ・ジュリアン「横濱ハーバーコレクション」。
ミオソティス・ミオマルク。通常のワスレナグサより花径が一回り大きいワスレナグサで、新品種は一株にブルーから紫、ピンクのグラデーションの花が咲く。
エラチオールベゴニア‘ルネッサンスプット’。淡いオレンジ色の花と葉に細やかな切れ込みが入る珍しいベゴニア。花上がりがよく、咲き進むにつれ花が豪華になります。耐病性に優れ、初めての人にも育てやすく、ジャパンフラワーセレクションを受賞した優良品種。
カランコエ‘リンリン’。マットな質感のピンクのベル形のツボミが可愛らしい多肉植物のカランコエ。冬から春にかけて、ピンクのツボミからオレンジ色の花が咲きます。冬は室内で楽しめます。
ピメレア・ピソディス。低木でクリーム色と紫色のベル形の大輪の花をたわわに咲かせます。下の写真は原産地のオーストラリアでの姿。コンパクトサイズなので小さな庭やベランダにもGood(以上の植物は全て「東京砧花き園芸市場」の出展より)。
Photo/Linda_K/Shutterstock.com
多肉植物のような肉厚の葉から、ハーブのような爽やかな香りがするアロマティカス。お茶やサラダにして楽しめます。

インテリアグリーンの演出の進化

インテリアグリーンは、和洋、大小さまざまな種類が豊富に登場。植物自体に目新しい品種があるわけではありませんが、よりカッコよく演出するためのインテリアや雑貨関連は、年々新しいものが登場しています。男性を中心に人気が高いインダストリアル系インテリアは注目大。

存在感のある大型のものから棚に飾りたい小型の鉢まで、さまざまなインテリアプランツが並びました。
近年、海外を発信源とし日本でも男性を中心に人気のインダストリアル系インテリア。無骨な質感は植物の瑞々しさを際立たせるだけでなく、多少濡れたり土がこぼれたりしても、あまり気にしなくてよさそうなところも植物と好相性。
ブリキ素材のインテリアや雑貨類も多数。
インテリアグリーン用のハンギングアイテム。スペースを気にしなくてよいので、一人暮らしのマンションなどでも重宝しそう。
多肉やサボテンを使った寄せ植えや盆栽もスタイルの自由度が広がり面白い。

植物は暮らしを豊かにする

「Life is beautiful 植物は暮らしを豊かにする」が第44回の見本市のテーマ。主催の芳樹園は昭和14年に創業して以降、造園業から園芸用品の卸売り、フラワーショップまで多岐にわたり事業を発展させてきましたが、花と緑の文化の育成という一貫した理念が今回の見本市でも体現されていました。実際の展示には暮らしのシーンを具体的にイメージさせる演出が随所にあり、金銭感覚や物の価値観にシビアでありつつ、発信力のある若者世代の心を掴むのに、こうした提案力はこれからますます不可欠な要素になりそうです。さらに、時代空気を敏感に反映したユニークな仕掛けも際立ちました。

グリーンインテリアの空間提案。
来場者に振る舞われたケイタリングサービスのランチ。美しい色合いのキッシュやサラダ、サンドイッチが並んだ。バリスタが一杯ずつ淹れてくれるコーヒーもフリーサービス。ガーデンパーティーでも取り入れたいアイデア。
ケイタリング/food lab irodori  https://ja-jp.facebook.com/irodori.endo/
コーヒー/VAN COFFEE http://vancoffee.tokyo
見本市に際して、ローズソムリエとしてさまざまなメディアで活躍する京阪園芸の小山内健さんや北海道「上野ファーム」の上野砂由紀さん、当サイト編集長倉重香理が講演を行い、来場者は熱心に耳を傾けていました。

芳樹園 http://www.hojuen.co.jp

Credit

写真&文/3and garden
ガーデニングに精通した女性編集者で構成する編集プロダクション。ガーデニング・植物そのものの魅力に加え、女性ならではの視点で花・緑に関連するあらゆる暮らしの楽しみを取材し紹介。「3and garden」の3は植物が健やかに育つために必要な「光」「水」「土」。

 

Print Friendly, PDF & Email