かわいい草花と触れ合うガーデニングや、採れたての野菜を自宅の庭で味わえる家庭菜園は人気の趣味。日が当たる場所なら、たとえ広い庭がなくても、ベランダや庭の一角などで楽しめる家庭菜園。最初の年は案外うまく育ったから、今年も育てよう! と野菜を植えてみたものの、なぜかうまく育たない。そのお悩み原因と対策を探してみましょう。

Print Friendly, PDF & Email

家庭菜園の大敵 連作障害

野菜がうまく育たない? それって、連作障害かも

家庭菜園で、昨年と同じ野菜を同じように育てたのに、2年目以降の生育が悪くなってしまったという経験を持つ方、いませんか? その原因は、「連作障害」。植物の種類によっては、同じ場所で同じ科の植物を2年以上栽培すると、病気にかかりやすくなったり、花や実が小さくなり、数も減ってしまうなど生育が悪くなることがあります。このような症状のことを、「連作障害」と呼びます。

連作障害が出てうまく育たず、枯れてしまったトマトのハウス栽培。

たとえば、ナス科のトマトやナス、ジャガイモ、マメ科のエンドウやインゲンなど、栽培人気の高い野菜には連作障害を起こしやすいものも多く、家庭菜園では特に注意が必要。せっかく育てたのに、収穫量が減ってしまっては残念ですよね。野菜に比べて種類は少ないですが、ガーデンで育てる花にも連作障害を起こすものがあります。

連作障害の原因

連作障害が起きるのは、同じ種類の植物を育てることにより、吸収される栄養素が偏って土壌の栄養バランスが崩れたり、特定の病原菌が増えたりすることが主な原因だと考えられています。ほかに、害虫が発生しやすくなることもあります。連作障害は、たとえ異なる種類の植物でも、同じ科であれば起きてしまうことがあり、例えばナス科のトマトとジャガイモを続けて栽培すると連作障害が起こりやすいといわれます。

ジャガイモも連作障害を起こしやすい作物。Photo/Galla3000/shutterstock.com

連作障が起こりやすい植物例
野菜/トマトなどのナス科、キャベツなどのアブラナ科、エンドウなどのマメ科、キュウリやスイカなどのウリ科など
花/アスター、インパチェンス、ニチニチソウなど

連作障害の解決方法

連作障害を起こしやすい野菜や花を栽培する場合、連作障害を防ぐために最も確実な方法の一つは、栽培期間の間隔をあけること。しかし、トマトやピーマンは5年ほど、エンドウに至っては7年ほどの休栽が必要と、種類によってはちょっと長すぎると感じる場合も。ここでは、休栽よりももっと簡単で効果的な解決方法をいくつかご紹介します。

輪作

輪作とは、栽培の場所をいくつかに分け、年ごとに異なる種類の作物を栽培するようにローテーションすること。例えば1年目に上図の①の場所でトマト、②でインゲン、③でナス、④でキュウリをつくったら、2年目には①でキュウリ、②でトマト、③でインゲン、④でナスを栽培するというように、野菜の栽培エリアを変えることで連作障害を防ぐ方法です。その際、違う植物であっても同じ科のものは続けて栽培しないように注意しましょう。

輪作はいろいろな種類の作物を少しずつ育てることもできるので、家庭菜園でも効果的。多くの人が実践している手軽で一般的な方法です。その反面、輪作をするにはある程度の面積が必要なので、住宅街の庭で野菜の栽培を楽しんでいる人にとっては、ちょっと難しいかもしれません。

土の入れ替え

Photo/Madlen/shutterstock.com

プランターなどで栽培している場合、前年度に使用した土を新しい培養土に入れ替えてしまうのも一つの方法です。連作障害を引き起こす原因である土自体が入れ替わるので、確実に防ぐことができます。培養土の購入はコストがかかるので、地植えの庭などでは現実的ではありませんが、小さなコンテナなどで1〜2株程度の野菜を育ててみたいという人は、この方法を試してみるのもアリですよ。

オーガニックに土壌を改善

「菌の黒汁 500㎖」2,036円(税込)

連作障害の原因は、特定の植物を育てた結果、土壌のバランスが悪くなってしまったこと。そのため、土壌を改善すれば、高い確率で連作障害を防ぐことができます。誰でも手軽に活用できる連作障害改善資材は、家庭菜園にぴったりの解決策。偏ってしまった栄養バランスを調整するために、併せて有機質肥料も与えましょう。

連作障害改善に効果的な資材の一つ「菌の黒汁」は、土中環境の改善に役立つ善玉菌の培養液。有機JAS対応資材なので、お子さんとのガーデニング作業や、ペットのいる庭などでも安心して使えます。また、使い続けることで、よりよい土へと導いてくれます。

使い方は簡単で、1~2週間に1度、ジョウロ1杯の水にキャップ1杯分の「菌の黒汁」を溶かし、いつもの水やりのように与えるだけ。濃度の調整などは多少おおざっぱでもOK。無臭で水にさっと溶け、植物にかかっても安全で、収穫直前まで使えるなど、誰でも取り扱える手軽さが大きな魅力です。使用期限もなく、小さな庭でまず試してみることができるのも嬉しいですね。

「菌の黒汁」を使い続けることで土壌環境が改善されるので、ふかふかのよい土に近づき、連作障害の予防だけでなく植物の健全な育成にも役立ちますよ。バラを栽培する人には、「菌の黒汁 Roses」が選ばれています。

ぜひ、自分のガーデニング環境に合う解決策を取り入れて、毎年家庭菜園やガーデニングをお楽しみください!

併せて『「菌活」してる? ボタニカルライフも菌活から始めよう!【PR】』もご覧ください。

[菌の黒汁]
100㎖ ×3本 2,000円~(100㎖~20ℓ)/株式会社ヤサキ
☎050-5524-7658(菌の黒汁専用回線)
オンラインショップ https://www.kinnokurojiru.com/menu

Credit

イラスト&文/3and garden

Print Friendly, PDF & Email